電子書籍 職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか 実用

著: 高橋和起 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか あらすじ・内容

障がい児に必要なもの。
それは家族のサポートと生活環境。

そのために家族に必要なもの。
それは「心」と「体」の健康、そして「お金」です。

これまで語られることのなかった、
障がい児を持つ家族のための「場所づくり」実践書。
今悩み苦しんでいる全ての方へ、
「職業父親」という一つの道筋をご紹介します。

この作品を共有

「職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか」最新刊

障がい児に必要なもの。
それは家族のサポートと生活環境。

そのために家族に必要なもの。
それは「心」と「体」の健康、そして「お金」です。

これまで語られることのなかった、
障がい児を持つ家族のための「場所づくり」実践書。
今悩み苦しんでいる全ての方へ、
「職業父親」という一つの道筋をご紹介します。

「職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか」の作品情報

レーベル
――
出版社
ブイツーソリューション
ジャンル
実用 暮らし・健康・子育て ノンフィクション 社会
ページ数
137ページ (職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか)
配信開始日
2017年2月10日 (職業父親 知的障がいの我が子を親が守らなくて、誰が守るのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad