電子書籍 殺戮のマトリクスエッジ(ガガガ文庫) ラノベ

著: 桜井光  イラスト: すみ兵 

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

殺戮のマトリクスエッジ あらすじ・内容

サイバーパンクアクション始動!!

西暦20XX年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。

この都市には【恐怖(ホラー)】と呼ばれる都市伝説が存在する。それは電脳ネット上、どこのデータベースにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。
『ルルイエにおける事故死者と行方不明者の約60%がこの怪物の手によるものだ』
そう、噂されている。けれども、所詮はただの噂だ。

しかし、小城ソーマはこの噂を信じている。事実、ホラーを目にしているから。
彼は、ホラーを殺して都市の路地裏を駆け抜ける。
ただ独りで、小城ソーマは、ホラーを狩る。

彼はある晩、ひとりの少女と遭遇する。少女は何かを呟いた後、倒れてしまう。
ソーマは少女をなじみの闇医者へと連れていく。
面倒にはならない。ささいなことだ……。

──けれども、ささいなことでは、なかった。

ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション!!
イラストは『東京レイヴンズ』『死神と少女』等で活躍中のすみ兵!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を共有

「殺戮のマトリクスエッジ(ガガガ文庫)」最新刊

東京ルルイエ、週末のブラッディ・デート。

旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。電脳技術や機械義肢の技術など、あらゆる技術の粋が凝らされたこの都市は、地上最後の楽園(ラストパラダイス)と呼ばれていた……。
この街は夢の街。
望めば全てが手に入る。
――でも、人の心は……?

東京ルルイエにそびえる、総合ショッピング施設『ゾス・モール』にデートへと出かけたユノとソーマ。ククリも勿論ついてきて――。
電脳社会に疲れた人々を癒す、ネットワーク遮断空間。
電脳空間に潜り技術を競い合うアーケードゲーム。
そして、天然食材を使用した高級レストランなどなど、3人のデートは緩やかで楽しい時間。

だが、彼らは突如として封鎖されたモール内に閉じ込められてしまう。
出現する、新たなホラー。
悲鳴、絶叫、鮮血。
二人は互いに「自分の正体」がばれないように、ホラーを止めるべく奔走する。

なぜホラーは人を襲うのか。
ホラーとは何か。
ソーマを見つめるククリの瞳は、いつも悲しみに満ちていた。

企業複合体の更なる暗部がついに動きだす――!
サイバーアクションシリーズ第三弾!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「殺戮のマトリクスエッジ(ガガガ文庫)」作品一覧

(3冊)

627〜660(税込)

まとめてカート

サイバーパンクアクション始動!!

西暦20XX年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。

この都市には【恐怖(ホラー)】と呼ばれる都市伝説が存在する。それは電脳ネット上、どこのデータベースにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。
『ルルイエにおける事故死者と行方不明者の約60%がこの怪物の手によるものだ』
そう、噂されている。けれども、所詮はただの噂だ。

しかし、小城ソーマはこの噂を信じている。事実、ホラーを目にしているから。
彼は、ホラーを殺して都市の路地裏を駆け抜ける。
ただ独りで、小城ソーマは、ホラーを狩る。

彼はある晩、ひとりの少女と遭遇する。少女は何かを呟いた後、倒れてしまう。
ソーマは少女をなじみの闇医者へと連れていく。
面倒にはならない。ささいなことだ……。

──けれども、ささいなことでは、なかった。

ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション!!
イラストは『東京レイヴンズ』『死神と少女』等で活躍中のすみ兵!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この街では人の死ですらデジタルだ。

旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。
その地下層には、魑魅魍魎が跋扈する。
電脳、機械義肢の違法技術によって生み出される怪人達。そして、ホラーと呼ばれる怪物群。この街で、人の死は珍しくない。毎日誰かが、誰にも知られずに死んでいく・・・・・・。

ルルイエを襲う連続怪死事件。人間が一片の欠損なく殺される。
――それは、あたかも魂を抜きとられるが如く。

私生活の悩みを抱え、自暴自棄のユーノ・柏木は、立入禁止区域である地下層へと向かっていた。
現実離れした社会の暗闇で、地下層に巣食う怪人達と接するユノ。
事件を知ったユノは、軽口ばかりの「S」、何を考えているのか分からない実践的錬金術教団のダキニ&カーリー、不愉快なメンバーと共に、事件の真相に肉薄していく。
その裏で暗躍する、仮面の男《銀の腕》の存在に気づかぬまま……。

そして魔都ルルイエの地獄の蓋は開かれた。
電子と鮮血の満ちる暗闇で、少女は走馬燈を見る。

サイバーアクションシリーズ第二弾。堂々開幕!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

東京ルルイエ、週末のブラッディ・デート。

旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。電脳技術や機械義肢の技術など、あらゆる技術の粋が凝らされたこの都市は、地上最後の楽園(ラストパラダイス)と呼ばれていた……。
この街は夢の街。
望めば全てが手に入る。
――でも、人の心は……?

東京ルルイエにそびえる、総合ショッピング施設『ゾス・モール』にデートへと出かけたユノとソーマ。ククリも勿論ついてきて――。
電脳社会に疲れた人々を癒す、ネットワーク遮断空間。
電脳空間に潜り技術を競い合うアーケードゲーム。
そして、天然食材を使用した高級レストランなどなど、3人のデートは緩やかで楽しい時間。

だが、彼らは突如として封鎖されたモール内に閉じ込められてしまう。
出現する、新たなホラー。
悲鳴、絶叫、鮮血。
二人は互いに「自分の正体」がばれないように、ホラーを止めるべく奔走する。

なぜホラーは人を襲うのか。
ホラーとは何か。
ソーマを見つめるククリの瞳は、いつも悲しみに満ちていた。

企業複合体の更なる暗部がついに動きだす――!
サイバーアクションシリーズ第三弾!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「殺戮のマトリクスエッジ(ガガガ文庫)」の作品情報

レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 男性向け SF 架空戦記 ファンタジー
ページ数
333ページ (殺戮のマトリクスエッジ)
配信開始日
2013年11月29日 (殺戮のマトリクスエッジ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad