電子書籍 女直虎が救った井伊家(ベスト新書) 新書

著: 楠戸義昭 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

女直虎が救った井伊家 あらすじ・内容

直虎から直弼まで、痛みを伴いながら成長した井伊家の歴史

井伊家は遠江国井伊谷(静岡県浜松市引佐町)でおよそ六百年、近江国彦根(滋賀県彦根市)で三百年近い歴史を刻んで明治維新を迎えた。
その折れ目に女直虎がいる。今川氏への抵抗と徳川氏への接近策によって、一族を滅亡の淵より這い上がらせた直虎。
徳川四天王と呼ばれる活躍を見せ、彦根藩始祖となった直政。
この“井伊魂”ともいうべき反骨の精神は、彦根藩、そして幕府を支え、幕末、国難の瀬戸際に立たされた直弼に引き継がれる。

――連鎖する悲劇の中にあっても、絶望せずに常に前向きに生きた、堂々たる一族の歴史。

この作品を共有

「女直虎が救った井伊家(ベスト新書)」最新刊

直虎から直弼まで、痛みを伴いながら成長した井伊家の歴史

井伊家は遠江国井伊谷(静岡県浜松市引佐町)でおよそ六百年、近江国彦根(滋賀県彦根市)で三百年近い歴史を刻んで明治維新を迎えた。
その折れ目に女直虎がいる。今川氏への抵抗と徳川氏への接近策によって、一族を滅亡の淵より這い上がらせた直虎。
徳川四天王と呼ばれる活躍を見せ、彦根藩始祖となった直政。
この“井伊魂”ともいうべき反骨の精神は、彦根藩、そして幕府を支え、幕末、国難の瀬戸際に立たされた直弼に引き継がれる。

――連鎖する悲劇の中にあっても、絶望せずに常に前向きに生きた、堂々たる一族の歴史。

「女直虎が救った井伊家(ベスト新書)」の作品情報

レーベル
ベスト新書
出版社
ベストセラーズ
ジャンル
新書 歴史
ページ数
225ページ (女直虎が救った井伊家)
配信開始日
2017年2月17日 (女直虎が救った井伊家)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad