電子書籍 日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活 新書

著: 窪田新之助 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活 あらすじ・内容

自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と――。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。

この作品を共有

「日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活」最新刊

自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と――。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。

「日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活」の作品情報

レーベル
講談社+α新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 経済
ページ数
228ページ (日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活)
配信開始日
2017年2月24日 (日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad