電子書籍 活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス 実用

著: 近藤大介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス あらすじ・内容

「嫌中」でもいい。日本にとっていま重要なのは、中国にどのように「対抗」するかではなく、中国をどう「活用」するかだ。そこに日本の未来はある。トランプ登場で内向きに変わるアメリカ党大会を控え、さらに権力集中、官僚の不作為が広まる中国一方で「親日」の「新しい中国人」は3億人超へ。激変する日米中関係、中国内部の問題から日本のチャンスを探る。

この作品を共有

「活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス」最新刊

「嫌中」でもいい。日本にとっていま重要なのは、中国にどのように「対抗」するかではなく、中国をどう「活用」するかだ。そこに日本の未来はある。トランプ登場で内向きに変わるアメリカ党大会を控え、さらに権力集中、官僚の不作為が広まる中国一方で「親日」の「新しい中国人」は3億人超へ。激変する日米中関係、中国内部の問題から日本のチャンスを探る。

「活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
241ページ (活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス)
配信開始日
2017年2月24日 (活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad