電子書籍 上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」 文芸・小説

著: 津村秀介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」 あらすじ・内容

あじさいの咲く箱根路で、バスの墜落事故が発生した。犠牲者・荻野泰子の遺族に連絡すると、事故の前日、泰子の兄・功男が広島で刺殺されていたことが判明。ルポライター・浦上伸介は、兄妹の不可解な連続死亡事件に作為の匂いを嗅ぐ。取材で浮かび上がったのは、兄妹の秘められた背景だった!? 墜落事故に潜むある謎と、容疑者たちの完全無欠のアリバイ!

この作品を共有

「上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」」最新刊

あじさいの咲く箱根路で、バスの墜落事故が発生した。犠牲者・荻野泰子の遺族に連絡すると、事故の前日、泰子の兄・功男が広島で刺殺されていたことが判明。ルポライター・浦上伸介は、兄妹の不可解な連続死亡事件に作為の匂いを嗅ぐ。取材で浮かび上がったのは、兄妹の秘められた背景だった!? 墜落事故に潜むある謎と、容疑者たちの完全無欠のアリバイ!

「上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
332ページ (上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」)
配信開始日
2016年2月5日 (上高地・芦ノ湖殺人事件~山形新幹線・つばさ100号の「乗客」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad