電子書籍 殺人山行 恐山(光文社文庫) 文芸・小説

著: 梓林太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

殺人山行 恐山 あらすじ・内容

山岳救助隊員・紫門一鬼(しもんいっき)は、恐山の血の池地獄で女性の絞殺死体を発見した。衣服には住所と〈鳥羽尚策方(とばしょうさくかた) 杉田夏子(すぎたなつこ)〉の名札が。ところが鳥羽は、女性に心当たりはないという。やがて身元は判明するが、容疑者さえ浮上せず、事件は暗礁に。半年後、北アルプス山中で見つかった女性の死体――そこにもまた〈鳥羽〉の名が……。謎が謎を呼ぶ、山岳ミステリー!

この作品を共有

「殺人山行 恐山(光文社文庫)」最新刊

山岳救助隊員・紫門一鬼(しもんいっき)は、恐山の血の池地獄で女性の絞殺死体を発見した。衣服には住所と〈鳥羽尚策方(とばしょうさくかた) 杉田夏子(すぎたなつこ)〉の名札が。ところが鳥羽は、女性に心当たりはないという。やがて身元は判明するが、容疑者さえ浮上せず、事件は暗礁に。半年後、北アルプス山中で見つかった女性の死体――そこにもまた〈鳥羽〉の名が……。謎が謎を呼ぶ、山岳ミステリー!

「殺人山行 恐山(光文社文庫)」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
275ページ (殺人山行 恐山)
配信開始日
2016年2月5日 (殺人山行 恐山)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad