電子書籍 勝ちきる頭脳 実用

著: 井山裕太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

勝ちきる頭脳 あらすじ・内容

囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた最強棋士が、初めて明かす勝利をモノにする思考法。「常識外」「独創」と言われる一手は、どのように生まれているのか。これからの囲碁界をどう捉えているのか。9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で七冠を達成した囲碁棋士の頭脳と思考、そのすべて。
・最善なら、リスクがあっても「打ちたい手を打つ」
・強い人を相手に「安全」や「堅実第一」では勝てない
・ミスを潔く認め、その盤面に平常心・自然体で臨む
・「読み」で導きだした無数の図を、どう「判断」するかが重要
・人が見た目で外すような廃案も残し、可能性を探る
・「定石は覚えて忘れろ」。情報は吟味・選択して自分のモノになる
など、ビジネスにも効く1冊。

<目次>
序章
第一章 なぜ打ちたい手を打つのか―リスクを受け入れる決断法
第二章 僕の原風景―囲碁を始めてから初タイトルまで
第三章 七冠全制覇までの歩み―諦めない気持ちが大仕事を生む
第四章 直感と読みの相互性―何が独創を育むのか
第五章 囲碁は勝負か芸術か―盤上の真理を追い求めることの意味
第六章 棋士という職業―勝つために何をするのか
第七章 世界戦に燃える―日本碁界への提言と世界一への想い
第八章 囲碁界の未来―人工知能という新たな強敵
終章

この作品を共有

「勝ちきる頭脳」最新巻

囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた最強棋士が、初めて明かす勝利をモノにする思考法。「常識外」「独創」と言われる一手は、どのように生まれているのか。これからの囲碁界をどう捉えているのか。9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で七冠を達成した囲碁棋士の頭脳と思考、そのすべて。
・最善なら、リスクがあっても「打ちたい手を打つ」
・強い人を相手に「安全」や「堅実第一」では勝てない
・ミスを潔く認め、その盤面に平常心・自然体で臨む
・「読み」で導きだした無数の図を、どう「判断」するかが重要
・人が見た目で外すような廃案も残し、可能性を探る
・「定石は覚えて忘れろ」。情報は吟味・選択して自分のモノになる
など、ビジネスにも効く1冊。

<目次>
序章
第一章 なぜ打ちたい手を打つのか―リスクを受け入れる決断法
第二章 僕の原風景―囲碁を始めてから初タイトルまで
第三章 七冠全制覇までの歩み―諦めない気持ちが大仕事を生む
第四章 直感と読みの相互性―何が独創を育むのか
第五章 囲碁は勝負か芸術か―盤上の真理を追い求めることの意味
第六章 棋士という職業―勝つために何をするのか
第七章 世界戦に燃える―日本碁界への提言と世界一への想い
第八章 囲碁界の未来―人工知能という新たな強敵
終章

「勝ちきる頭脳」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 囲碁・将棋
ページ数
175ページ (勝ちきる頭脳)
配信開始日
2017年2月21日 (勝ちきる頭脳)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad