電子書籍 七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版 マンガ

原作: 鈴木央  原作: 岩佐まもる  他
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版(1) 「七百年の孤独」 あらすじ・内容

ブリタニアの北の大地には人々の侵入を拒むような森があり、そこは「妖精王の森」と呼ばれていた。妖精王と呼ばれた兄ハーレクインが姿を消して七百年。少女エレインは、永遠の命を得られる「生命の泉」を、強欲な人間から一人で護ってきた。数々の別れを経験し、七百年の孤独のうちに彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の盗賊の青年バンが「生命の泉」を求めて現れた。その日からエレインの凍りついた心に変化が訪れる――。第一話「七百年の孤独」収録。

この作品を共有

「七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版」最新刊

ブリタニアの北の大地には人々の侵入を拒むような森があり、そこは「妖精王の森」と呼ばれていた。妖精王と呼ばれた兄ハーレクインが姿を消して七百年。少女エレインは、永遠の命を得られる「生命の泉」を、強欲な人間から一人で護ってきた。数々の別れを経験し、七百年の孤独のうちに彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の盗賊の青年バンが「生命の泉」を求めて現れた。その日からエレインの凍りついた心に変化が訪れる――。第二話「盗賊と聖少女」収録。

「七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版」作品一覧

(2冊)

各110(税込)

まとめてカート

ブリタニアの北の大地には人々の侵入を拒むような森があり、そこは「妖精王の森」と呼ばれていた。妖精王と呼ばれた兄ハーレクインが姿を消して七百年。少女エレインは、永遠の命を得られる「生命の泉」を、強欲な人間から一人で護ってきた。数々の別れを経験し、七百年の孤独のうちに彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の盗賊の青年バンが「生命の泉」を求めて現れた。その日からエレインの凍りついた心に変化が訪れる――。第一話「七百年の孤独」収録。

ブリタニアの北の大地には人々の侵入を拒むような森があり、そこは「妖精王の森」と呼ばれていた。妖精王と呼ばれた兄ハーレクインが姿を消して七百年。少女エレインは、永遠の命を得られる「生命の泉」を、強欲な人間から一人で護ってきた。数々の別れを経験し、七百年の孤独のうちに彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の盗賊の青年バンが「生命の泉」を求めて現れた。その日からエレインの凍りついた心に変化が訪れる――。第二話「盗賊と聖少女」収録。

「七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版」の作品情報

レーベル
少年マガジンエッジ
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 少年マンガ アニメ化・実写化 少年マガジンエッジ
ページ数
72ページ (七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版(1) 「七百年の孤独」)
配信開始日
2017年2月24日 (七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~ 分冊版(1) 「七百年の孤独」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad