電子書籍 NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 文芸

原作: 渡辺千穂  ノベライズ: 中川千英子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

42ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上 あらすじ・内容

「もろうた人がうれしいと言うてくれるような……思いを伝えられるような……そういう“べっぴん”を作る人になりたい」──戦後、焼け野原となった神戸で、すみれは子供服の店を開いた。家を失い、出征した夫の消息も知れない中、仲間とともに一針一針前に進んでいく。連続テレビ小説『べっぴんさん』のドラマ前半を完全ノベライズ。

*本書は、連続テレビ小説「べっぴんさん」第一週~第十一週の放送台本をもとに小説化したものです。番組と内容・章題が異なることがあります。ご了承ください。

この作品を共有

「NHK連続テレビ小説 べっぴんさん」最新刊

赤ちゃんや子供のため、お母さんのために、思いを込めて丁寧に……。すみれが仲間たちと立ち上げた子供服の店「キアリス」は、品質のよさが評判を呼び発展していく。一方、仕事に邁進するすみれと、娘・さくらとの間には、次第に心の溝が。すみれは「思い」を伝えることができるのか──。

「NHK連続テレビ小説 べっぴんさん」作品一覧

(2冊)

各1,040円 (+税)

まとめてカート

「もろうた人がうれしいと言うてくれるような……思いを伝えられるような……そういう“べっぴん”を作る人になりたい」──戦後、焼け野原となった神戸で、すみれは子供服の店を開いた。家を失い、出征した夫の消息も知れない中、仲間とともに一針一針前に進んでいく。連続テレビ小説『べっぴんさん』のドラマ前半を完全ノベライズ。

*本書は、連続テレビ小説「べっぴんさん」第一週~第十一週の放送台本をもとに小説化したものです。番組と内容・章題が異なることがあります。ご了承ください。

赤ちゃんや子供のため、お母さんのために、思いを込めて丁寧に……。すみれが仲間たちと立ち上げた子供服の店「キアリス」は、品質のよさが評判を呼び発展していく。一方、仕事に邁進するすみれと、娘・さくらとの間には、次第に心の溝が。すみれは「思い」を伝えることができるのか──。

「NHK連続テレビ小説 べっぴんさん」の作品情報

レーベル
――
出版社
NHK出版
ジャンル
文芸
ページ数
268ページ (NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上)
配信開始日
2016年10月21日 (NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad