電子書籍 芝公園六角堂跡 文芸・小説

著: 西村賢太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

芝公園六角堂跡 あらすじ・内容

ここ数年、惑いに流されていた北町貫多に
東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。
その場所は、師・藤澤清造の終焉地であった――。

「闇に目をこらすと、そこには狂える藤澤清造の、
最後の彷徨の残像が揺曳しているような錯覚があった。
――その朧な残像を追って、貫多は二十九歳から
今日までの生を経(た)ててきたはずであったのだ。」
(本文より)

何の為に私小説を書くのか。鬼気迫る四作品を収録。

この作品を共有

「芝公園六角堂跡」最新刊

ここ数年、惑いに流されていた北町貫多に
東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。
その場所は、師・藤澤清造の終焉地であった――。

「闇に目をこらすと、そこには狂える藤澤清造の、
最後の彷徨の残像が揺曳しているような錯覚があった。
――その朧な残像を追って、貫多は二十九歳から
今日までの生を経(た)ててきたはずであったのだ。」
(本文より)

何の為に私小説を書くのか。鬼気迫る四作品を収録。

「芝公園六角堂跡」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
135ページ (芝公園六角堂跡)
配信開始日
2017年3月3日 (芝公園六角堂跡)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad