電子書籍 聖地会議 総集編 実用

著: 聖地会議 柿崎俊道 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

聖地会議 総集編1 あらすじ・内容

「聖地会議」は聖地巡礼・コンテンツツーリズムのキーマンと聖地巡礼プロデューサー柿崎俊道が対談する冊子です。聖地巡礼ビジネスの最先端を行く方々と、今後のコンテンツと地域について対話を行っています。

聖地会議 総集編1
「聖地会議」第1号~第6号を収録し、さらに舞台探訪者コミュニティのハブさん、奈良県立大学岡本健准教授、聖地巡礼プロデューサー柿崎俊道の特別鼎談を収録。聖地巡礼、コンテンツツーリズムの今がここに凝縮!
【聖地会議1】
北海道大学観光学部教授 山村高淑
―聖地巡礼研究はコンテンツ研究だ!―
・聖地巡礼イベントと商売、ボランティア
・大きくなる聖地巡礼イベントの転換点
・研究者業界に広まる「聖地巡礼」
・今の聖地巡礼研究へのアプローチに欠けているもの
・自治体と聖地巡礼、そして研究者
・聖地巡礼研究は次のステップへ
【聖地会議2】
奈良県立大学地域創造学部准教授 岡本健
―地域は「文化の孵化器」―
・注目されるコンテンツツーリズム、その先
・誰が、文化の孵化を見守るのか
・岡本さんと奈良のナラクエ
・コンテンツツーリズムは「見立て」である
・見立てることで、空気を作り、観光となる
・コンテンツツーリズムの学会はなにを目指す?
【聖地会議3】
世界コスプレサミット実行委員会委員長 小栗徳丸
―コスプレ イズ コモン―
・世界コスプレサミットの誕生
・世界コスプレサミットと使命
・メディアの魔法をかけて成功に導く
・世界コスプレサミットの3つの課題
・世界は今、収穫期に入っている
・地域と世界コスプレサミット、その個性
【聖地会議4】
ソニー企業株式会社コンテンツツーリズム課「舞台めぐりチーム」シニアプロデューサー 安彦剛志
―地域を聖地に。アプリ「舞台めぐり」の冒険―
・大洗町の人たちはまわりをどんどん巻き込む
・練馬区は都会。でも、聖地になる
・流山市の和菓子店と「舞台めぐり」の意外な関係
・リアルドラマCDが地域を演出する
・聖地巡礼ファンはタモさんだらけ
・「舞台めぐり」の収入源はインバウンド
・偶発性を上げて地域を聖地へと変貌させる
【聖地会議5】
文学フリマ事務局代表 望月倫彦
―日本中で歓迎される 文学フリマ百都市構想―
・なにかあれば文学フリマは終わってしまう!
・文学フリマ百都市構想と開催支援
・用語統一は文学フリマのコンセプトを表す
・文学フリマと文学を巡る聖地巡礼
・文学同人誌は時代を切り取る貴重な資料
・文学フリマはブームじゃない
【聖地会議6】
「輪廻のラグランジェ 鴨川推進委員会」委員長 岡野大和
―鴨川に『輪廻のラグランジェ』制作資料を移設! アニメの歴史が動いた最速対談!!―
・鴨川に『輪廻のラグランジェ』制作資料が移設された日
・鴨川はしぶとくしぶとく続いていく
・鴨川に今、歴史が訪れたということ
・鴨川が聖地巡礼の文脈を変えてしまった
・鴨川では、みんなが関係者になる
・鴨川のなかに『輪廻のラグランジェ』を溶け込ます
【特別鼎談「聖地巡礼スピリッツ」】
ハブさん/舞台探訪者コミュニティ(BTC)本部長
岡本 健/奈良県立大学地域創造学部准教授
柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー
・聖地巡礼スピリッツ
・探訪フィールド
・職質アクティビティ!

この作品を共有

「聖地会議 総集編」最新刊

「聖地会議 総集編3」です。聖地会議13から聖地会議18までの収録です。 今回は、ビジネス、自治体の当事者の方々と対談をしました。聖地巡礼・コンテンツツーリズムのプレイヤーには企業と地域、ファンの3者がいます。「聖地会議 総集編3」はこのトライアングルから企業と地域にスポットを当てた形です。 JTBコミュニケーションデザイン 古関和典さん、株式会社DLE 代表取締役CEO&Founder 椎木隆太さん、埼玉県観光課 課長 島田邦弘さん、秩父市役所産業観光部観光課 中島 学さん、リリカル株式会社取締役デザイナー・ブランドOctober Beast代表 北山友之さん、公益財団法人埼玉県産業文化センター 田中康士郎さんの6名です。 特別収録は「鷲宮スペシャル座談会! 『らき☆すた』と歩んだ10年 これからの10年」と題し、島田菓子舗 島田吉則さんと埼玉県観光課 課長 島田邦弘さんと私の3名でアニメ『らき☆すた』と埼玉県久喜市鷲宮(旧鷲宮町)の10年間を振り返りました。 皆さまのおかげで、聖地巡礼・コンテンツツーリズムへの理解がいっそう深まりました。 ありがとうございました。-------------【聖地巡礼ビジネスへの理解を目指して】柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー【聖地会議13】古関和典 JTBコミュニケーションデザイン JTBピクチャーズ マネージャーJTBコミュニケーションデザイン コンテンツツーリズム・地域へのロケ誘致と地域の観光地化・映画『ジヌよさらば?かむろば村へ?』 柳津町は3度盛り上がる・B級グルメとプレイスメント・観光地ではない場所を観光地に・リバイバル上映とコンテンツツーリズム・権利処理は企画段階から!・コンテンツツーリズムには乗り越える力がある【聖地会議14】椎木隆太 株式会社ディー・エル・イー 代表取締役CEO & Founderキャラクターは地域で育み、世界へ・キャラクターに地域性を与えない・アニメ作品をハリウッドメジャーに売り込む・チェーン オブ タイトル・椎木マン【聖地会議15】島田邦弘 埼玉県秩父地域振興センター 副所長(現 埼玉県観光課課長)え? この前!?埼玉県庁 観光課は2009年に設立!!・埼玉県庁には観光課がなかった!・アニメとゆるキャラに課せられた観光イメージの「底上げ」・コンテンツツーリズム黎明期の幸福・埼玉県らしいアニメイベントとは、なにか・エンタテインメントに行政はどのように取り組むべきか・ファンの作品に対する愛に頼る違和感・アニメ施策「ペット」論【聖地会議16】中島 学 秩父市役所 産業観光部観光課アニメが変えた秩父市の姿・『あの花』がくれた変化・アニメによる地域活性化とは・ファンと秩父の絆・作品愛とコミュニケーション、スタンプラリー・たまり場・中島さんの課題【聖地会議17】北山友之 リリカル株式会社取締役デザイナー、ブランドOctober Beast代表コンテンツビジネスで知っておきたい製作委員会&監修会のトレンド・コンテンツに執着しないアニメ製作委員会・コンテンツビジネスにこれから挑むには・1クールのアニメ作品でコンテンツビジネスを行うには・グッズに使用する新しい絵素材の入手方法【聖地会議18】田中康士郎 公益財団法人埼玉県産業文化センターアニ玉祭が生まれたワケ劇場、音楽堂等の活性化に関する法律と指定管理者制度・アニ玉祭と文化庁「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」・アニ玉祭と指定管理者制度・アニ玉祭と聖地巡礼・日本とアメリカの公立会館の役割・アニ玉祭と地域の参加【鷲宮スペシャル座談会!】『らき☆すた』と歩んだ10年これからの10年島田吉則(島田菓子舗)島田邦弘(埼玉県国際課課長)柿崎俊道(聖地巡礼プロデューサー)【「聖地会議 総集編3」を編集し終えて】柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー

「聖地会議 総集編」作品一覧

(3冊)

各3,300(税込)

まとめてカート

聖地会議 総集編1
「聖地会議」第1号~第6号を収録し、さらに舞台探訪者コミュニティのハブさん、奈良県立大学岡本健准教授、聖地巡礼プロデューサー柿崎俊道の特別鼎談を収録。聖地巡礼、コンテンツツーリズムの今がここに凝縮!
【聖地会議1】
北海道大学観光学部教授 山村高淑
―聖地巡礼研究はコンテンツ研究だ!―
・聖地巡礼イベントと商売、ボランティア
・大きくなる聖地巡礼イベントの転換点
・研究者業界に広まる「聖地巡礼」
・今の聖地巡礼研究へのアプローチに欠けているもの
・自治体と聖地巡礼、そして研究者
・聖地巡礼研究は次のステップへ
【聖地会議2】
奈良県立大学地域創造学部准教授 岡本健
―地域は「文化の孵化器」―
・注目されるコンテンツツーリズム、その先
・誰が、文化の孵化を見守るのか
・岡本さんと奈良のナラクエ
・コンテンツツーリズムは「見立て」である
・見立てることで、空気を作り、観光となる
・コンテンツツーリズムの学会はなにを目指す?
【聖地会議3】
世界コスプレサミット実行委員会委員長 小栗徳丸
―コスプレ イズ コモン―
・世界コスプレサミットの誕生
・世界コスプレサミットと使命
・メディアの魔法をかけて成功に導く
・世界コスプレサミットの3つの課題
・世界は今、収穫期に入っている
・地域と世界コスプレサミット、その個性
【聖地会議4】
ソニー企業株式会社コンテンツツーリズム課「舞台めぐりチーム」シニアプロデューサー 安彦剛志
―地域を聖地に。アプリ「舞台めぐり」の冒険―
・大洗町の人たちはまわりをどんどん巻き込む
・練馬区は都会。でも、聖地になる
・流山市の和菓子店と「舞台めぐり」の意外な関係
・リアルドラマCDが地域を演出する
・聖地巡礼ファンはタモさんだらけ
・「舞台めぐり」の収入源はインバウンド
・偶発性を上げて地域を聖地へと変貌させる
【聖地会議5】
文学フリマ事務局代表 望月倫彦
―日本中で歓迎される 文学フリマ百都市構想―
・なにかあれば文学フリマは終わってしまう!
・文学フリマ百都市構想と開催支援
・用語統一は文学フリマのコンセプトを表す
・文学フリマと文学を巡る聖地巡礼
・文学同人誌は時代を切り取る貴重な資料
・文学フリマはブームじゃない
【聖地会議6】
「輪廻のラグランジェ 鴨川推進委員会」委員長 岡野大和
―鴨川に『輪廻のラグランジェ』制作資料を移設! アニメの歴史が動いた最速対談!!―
・鴨川に『輪廻のラグランジェ』制作資料が移設された日
・鴨川はしぶとくしぶとく続いていく
・鴨川に今、歴史が訪れたということ
・鴨川が聖地巡礼の文脈を変えてしまった
・鴨川では、みんなが関係者になる
・鴨川のなかに『輪廻のラグランジェ』を溶け込ます
【特別鼎談「聖地巡礼スピリッツ」】
ハブさん/舞台探訪者コミュニティ(BTC)本部長
岡本 健/奈良県立大学地域創造学部准教授
柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー
・聖地巡礼スピリッツ
・探訪フィールド
・職質アクティビティ!

聖地巡礼・コンテンツツーリズムの生々しい対話本「聖地会議」の総集編2の登場です。
総集編2には「聖地会議7」から「聖地会議12」までを収録。
また、特別座談会として、千葉県鴨川市で行われた「出張!聖地会議 in 鴨川」を完全収録! アプリ「舞台めぐり」の安彦剛志氏、『輪廻のラグランジェ』監督の鈴木利正氏、聖望学園日本史教師の新井康之氏、「輪廻のラグランジェ鴨川推進委員会」委員長の岡野大和氏、そして、本誌編集長である柿崎俊道が、今いちばん生っぽい聖地巡礼の話をしました。
「聖地会議 総集編2」には聖地巡礼・コンテンツツーリズムの今が詰まっています。
<内容>
聖地巡礼・コンテンツツーリズムの激変
柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー
・聖地会議7
神奈川工科大学情報メディア学科特任准教授 中村隆之
―『アオモリズム』『DA・彩魂』
ご当地アーケードゲームという未来―
・聖地会議8T1:T2
西武鉄道株式会社 鉄道本部運輸部スマイル&スマイル室 野田政成
―西武鉄道に乗って、聖地へ!―
・聖地会議9
聖望学園日本史教師 新井康之
―新井先生とアライ先生は
 ヤマノススメクラスタとともに―
・聖地会議10
なつまちおもてなしプロジェクト 花岡隆太
―ゼロへのなつまちおもてなしプロジェクト―
・聖地会議11
株式会社ファンワークス代表取締役 高山 晃
―クリエイティブのチカラ―
・聖地会議12
池袋シネマチ祭総合ディレクター 鈴木竜也
―池袋シネマチ祭?アニ玉祭―
・出張!聖地会議 in 鴨川
 特別座談会
 聖地巡礼、コンテンツツーリズム、文化遺産
安彦剛志/ソニー企業株式会社コンテンツツーリズム課「舞台めぐりチーム」シニアプロデューサー
鈴木利正/『輪廻のラグランジェ』監督
新井康之/聖望学園日本史教師
岡野大和/「輪廻のラグランジェ鴨川推進委員会」委員長
柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー
・聖地会議 in 鴨川!
・聖地巡礼ファンと地域の温かな交流
・コンテンツツーリズムのプレイヤーを探る
・文化遺産としてアニメ制作資料を保管する
・Q 「舞台めぐり」への要望はどこへ?
・Q 地域の方はアニメで生活が変わったのか?
・Q 鴨川にネガティブな印象を持っていた人いますか?

「聖地会議 総集編3」です。聖地会議13から聖地会議18までの収録です。 今回は、ビジネス、自治体の当事者の方々と対談をしました。聖地巡礼・コンテンツツーリズムのプレイヤーには企業と地域、ファンの3者がいます。「聖地会議 総集編3」はこのトライアングルから企業と地域にスポットを当てた形です。 JTBコミュニケーションデザイン 古関和典さん、株式会社DLE 代表取締役CEO&Founder 椎木隆太さん、埼玉県観光課 課長 島田邦弘さん、秩父市役所産業観光部観光課 中島 学さん、リリカル株式会社取締役デザイナー・ブランドOctober Beast代表 北山友之さん、公益財団法人埼玉県産業文化センター 田中康士郎さんの6名です。 特別収録は「鷲宮スペシャル座談会! 『らき☆すた』と歩んだ10年 これからの10年」と題し、島田菓子舗 島田吉則さんと埼玉県観光課 課長 島田邦弘さんと私の3名でアニメ『らき☆すた』と埼玉県久喜市鷲宮(旧鷲宮町)の10年間を振り返りました。 皆さまのおかげで、聖地巡礼・コンテンツツーリズムへの理解がいっそう深まりました。 ありがとうございました。-------------【聖地巡礼ビジネスへの理解を目指して】柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー【聖地会議13】古関和典 JTBコミュニケーションデザイン JTBピクチャーズ マネージャーJTBコミュニケーションデザイン コンテンツツーリズム・地域へのロケ誘致と地域の観光地化・映画『ジヌよさらば?かむろば村へ?』 柳津町は3度盛り上がる・B級グルメとプレイスメント・観光地ではない場所を観光地に・リバイバル上映とコンテンツツーリズム・権利処理は企画段階から!・コンテンツツーリズムには乗り越える力がある【聖地会議14】椎木隆太 株式会社ディー・エル・イー 代表取締役CEO & Founderキャラクターは地域で育み、世界へ・キャラクターに地域性を与えない・アニメ作品をハリウッドメジャーに売り込む・チェーン オブ タイトル・椎木マン【聖地会議15】島田邦弘 埼玉県秩父地域振興センター 副所長(現 埼玉県観光課課長)え? この前!?埼玉県庁 観光課は2009年に設立!!・埼玉県庁には観光課がなかった!・アニメとゆるキャラに課せられた観光イメージの「底上げ」・コンテンツツーリズム黎明期の幸福・埼玉県らしいアニメイベントとは、なにか・エンタテインメントに行政はどのように取り組むべきか・ファンの作品に対する愛に頼る違和感・アニメ施策「ペット」論【聖地会議16】中島 学 秩父市役所 産業観光部観光課アニメが変えた秩父市の姿・『あの花』がくれた変化・アニメによる地域活性化とは・ファンと秩父の絆・作品愛とコミュニケーション、スタンプラリー・たまり場・中島さんの課題【聖地会議17】北山友之 リリカル株式会社取締役デザイナー、ブランドOctober Beast代表コンテンツビジネスで知っておきたい製作委員会&監修会のトレンド・コンテンツに執着しないアニメ製作委員会・コンテンツビジネスにこれから挑むには・1クールのアニメ作品でコンテンツビジネスを行うには・グッズに使用する新しい絵素材の入手方法【聖地会議18】田中康士郎 公益財団法人埼玉県産業文化センターアニ玉祭が生まれたワケ劇場、音楽堂等の活性化に関する法律と指定管理者制度・アニ玉祭と文化庁「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」・アニ玉祭と指定管理者制度・アニ玉祭と聖地巡礼・日本とアメリカの公立会館の役割・アニ玉祭と地域の参加【鷲宮スペシャル座談会!】『らき☆すた』と歩んだ10年これからの10年島田吉則(島田菓子舗)島田邦弘(埼玉県国際課課長)柿崎俊道(聖地巡礼プロデューサー)【「聖地会議 総集編3」を編集し終えて】柿崎俊道/聖地巡礼プロデューサー

「聖地会議 総集編」の作品情報

レーベル
――
出版社
booklista
ジャンル
実用
ページ数
183ページ (聖地会議 総集編1)
配信開始日
2017年3月8日 (聖地会議 総集編1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad