電子書籍 幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと 実用

著者: 奥武則 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと あらすじ・内容

幕末から明治初期にかけて、長崎、横浜、江戸で次々に「新聞」という当時のニューメディアが生まれた。活字も取材網もない時代、近代国家に必須な報道・言論の舞台である新聞が登場するまでのドラマを、新聞発行に挑んだ9人の苦闘の生涯をたどって描く。

この作品を共有

「幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと」最新刊

幕末から明治初期にかけて、長崎、横浜、江戸で次々に「新聞」という当時のニューメディアが生まれた。活字も取材網もない時代、近代国家に必須な報道・言論の舞台である新聞が登場するまでのドラマを、新聞発行に挑んだ9人の苦闘の生涯をたどって描く。

「幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと」の作品情報

レーベル
朝日選書
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 歴史
ページ数
271ページ (幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと)
配信開始日
2017年3月10日 (幕末明治 新聞ことはじめ ジャーナリズムをつくった人びと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad