電子書籍 1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶 実用

著: 池田信  

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

東洋のベニスと称えられた水辺の都市空間。
未公開の写真2万数千枚から失われた東京が甦る。

<目次>
はじめに
1 日本橋、兜町、箱崎町、人形町
2 京橋、銀座
3 築地、赤石町、佃島、月島
4 新橋、芝、三田、白金
5 赤坂、青山、六本木、麻布
6 目黒、品川、大森、田園調布
7 三軒茶屋、等々力、和泉
8 渋谷、代々木、表参道、初台、千駄ヶ谷
9 新宿
10 飯田橋、神楽坂、早稲田
11 本郷、小石川、池袋、板橋、王子
12 上野、浅草、千住、柴又
13 神田
14 丸の内、日比谷、有楽町、永田町
地図
東京の河川と高速道路の関係図
終戦直後(1946年ごろ)の中央区の河川と橋
【解説】「池田信の危機意識とその帰趨」◎松山巌


池田 信
1911年、東京生まれ。第一東京市立中学校(現在の都立九段高校)卒業。
1934年、東京都庁に入る。1969年、都立多摩教育会館館長などを歴任して退職。

都立日比谷図書館資料課長を務めていた1961年、休日を利用して東京の町並みの写真記録を開始する。
1968年、港区の写真2255点をまとめた『みなと写真散歩』を自費出版。
1987年6月4日、横浜市金沢区の自宅にて永眠。
享年75歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この作品を共有

「1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

東洋のベニスと称えられた水辺の都市空間。
未公開の写真2万数千枚から失われた東京が甦る。

<目次>
はじめに
1 日本橋、兜町、箱崎町、人形町
2 京橋、銀座
3 築地、赤石町、佃島、月島
4 新橋、芝、三田、白金
5 赤坂、青山、六本木、麻布
6 目黒、品川、大森、田園調布
7 三軒茶屋、等々力、和泉
8 渋谷、代々木、表参道、初台、千駄ヶ谷
9 新宿
10 飯田橋、神楽坂、早稲田
11 本郷、小石川、池袋、板橋、王子
12 上野、浅草、千住、柴又
13 神田
14 丸の内、日比谷、有楽町、永田町
地図
東京の河川と高速道路の関係図
終戦直後(1946年ごろ)の中央区の河川と橋
【解説】「池田信の危機意識とその帰趨」◎松山巌


池田 信
1911年、東京生まれ。第一東京市立中学校(現在の都立九段高校)卒業。
1934年、東京都庁に入る。1969年、都立多摩教育会館館長などを歴任して退職。

都立日比谷図書館資料課長を務めていた1961年、休日を利用して東京の町並みの写真記録を開始する。
1968年、港区の写真2255点をまとめた『みなと写真散歩』を自費出版。
1987年6月4日、横浜市金沢区の自宅にて永眠。
享年75歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶」の作品情報

レーベル
――
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
実用 美術・アート 歴史
ページ数
245ページ (1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶)
配信開始日
2013年12月13日 (1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad