電子書籍 おさきもち~大江戸妖奇譚~ マンガ

完結
著: 瀬上あきら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おさきもち~大江戸妖奇譚~(1) あらすじ・内容

貧乏長屋で「人形や」を営む冬弥にはある秘密があった。それは幼い頃から妖の声を聞き、姿を視ることができ、それがゆえに「紺」という鼬のオサキに憑かれている、いわゆる「おさきもち」であることであった。その力から元・火付け盗賊改の通称「御前」に見いだされ、江戸で巻き起こる人知の及ばぬ事件を解決していくのであった。

この作品を共有
  

「おさきもち~大江戸妖奇譚~」最新刊

鼬(いたち)のおさき(憑き物)・紺(こん)と力を合わせ江戸で起こる怪事件を解決する「おさきもち」冬弥―――。江戸の壊滅を企む妖(あやかし)使い・虚(うつろ)の攻撃が激しさを増していくなか鬼憑きとしての自分の運命を受け入れ江戸を護り続ける覚悟を決めた冬弥は“茨木童子(いばらきどうじ)”の封印を解き、紺とともに虚との最後の決戦に挑む…!!

「おさきもち~大江戸妖奇譚~」作品一覧

(4冊)

619円〜630円(+税)

まとめてカート

貧乏長屋で「人形や」を営む冬弥にはある秘密があった。それは幼い頃から妖の声を聞き、姿を視ることができ、それがゆえに「紺」という鼬のオサキに憑かれている、いわゆる「おさきもち」であることであった。その力から元・火付け盗賊改の通称「御前」に見いだされ、江戸で巻き起こる人知の及ばぬ事件を解決していくのであった。

謎の男と遭遇以降、江戸では不可思議な現象が頻発するようになる。冬弥が謎の真相に迫ると決まってあの男の影が……。そしてついに荒れ果てた寺で男の影を捉えたのだが――――

普通の人には見えない妖怪の姿や声を聞くことができる主人公・冬弥は鼬(いたち)のおさき(憑き物)・紺(こん)と力を合わせ「おさきもち」として江戸で起こる怪事件を解決していた。しかし、血と闘いに飢えた妖(あやかし)使い・虚(うつろ)が現れたことにより江戸は混乱の渦に巻き込まれる。そして同時に、冬弥の中でもう一つの内なる怪物(・・)が覚醒していた。冬弥の正体は、ただの「おさきもち」ではなく渡辺綱(わたなべのつな)の呪われた血筋を受け継ぐ末裔“鬼憑き”であった…!

「おさきもち~大江戸妖奇譚~」の作品情報

レーベル
バンブーコミックス
出版社
竹書房
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ 時代劇マンガ ファンタジー 歴史
ページ数
194ページ (おさきもち~大江戸妖奇譚~(1))
配信開始日
2013年12月13日 (おさきもち~大江戸妖奇譚~(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad