電子書籍 検察側の罪人(文春文庫) 文芸・小説

著: 雫井脩介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

検察側の罪人(上) あらすじ・内容

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に、時効事件の重要参考人・松倉の
名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。

最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、
最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。

正義のあり方を根本から問う、雫井ミステリー最高傑作!

この作品を共有

「検察側の罪人(文春文庫)」最新刊

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作

23年前の時効事件の犯行は自供したが、
老夫婦刺殺事件については頑として認めない松倉。

検察側の判断が逮捕見送りに決しようとする寸前、
新たな証拠が発見され松倉は逮捕された。

しかし、どうしても松倉の犯行と確信できない沖野は、
最上と袂を分かつ決意をする。

慟哭のラストが胸を締めつける感動の巨編!

解説・青木千恵

「検察側の罪人(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

693〜714(税込)

まとめてカート

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に、時効事件の重要参考人・松倉の
名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。

最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、
最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。

正義のあり方を根本から問う、雫井ミステリー最高傑作!

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作

23年前の時効事件の犯行は自供したが、
老夫婦刺殺事件については頑として認めない松倉。

検察側の判断が逮捕見送りに決しようとする寸前、
新たな証拠が発見され松倉は逮捕された。

しかし、どうしても松倉の犯行と確信できない沖野は、
最上と袂を分かつ決意をする。

慟哭のラストが胸を締めつける感動の巨編!

解説・青木千恵

「検察側の罪人(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
348ページ (検察側の罪人(上))
配信開始日
2017年3月10日 (検察側の罪人(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad