電子書籍 科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史 実用

著: 小谷太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史 あらすじ・内容

さかのぼること2000年。古代ギリシャの時代から、現在に至るまで、科学と科学者はどのような物語をつむいできたのでしょうか。それぞれの時代にさまざまなことが考えられ、パラダイムを形成し、失敗を繰り返しながらも連綿と続いてきた「科学のストーリー」は、時に甘美で時に苦しく、現代に生きる私たちを惹きつけます。「生物学者としてのアリストテレス」など、意外(?)なことを知ることも本書の魅力の一つです。

この作品を共有

「科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史」最新刊

さかのぼること2000年。古代ギリシャの時代から、現在に至るまで、科学と科学者はどのような物語をつむいできたのでしょうか。それぞれの時代にさまざまなことが考えられ、パラダイムを形成し、失敗を繰り返しながらも連綿と続いてきた「科学のストーリー」は、時に甘美で時に苦しく、現代に生きる私たちを惹きつけます。「生物学者としてのアリストテレス」など、意外(?)なことを知ることも本書の魅力の一つです。

「科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史」の作品情報

レーベル
BERET SCIENCE
出版社
ベレ出版
ジャンル
実用 学習 科学 教育 学問
ページ数
171ページ (科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史)
配信開始日
2014年3月26日 (科学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる科学の歴史)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad