電子書籍 青い桜と千年きつね(SKYHIGH文庫) ラノベ

著: 戌井猫太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

青い桜と千年きつね あらすじ・内容

男子高生・古町大吾は夏祭りの夜、狐のお面を被った少女に「ひとつだけ願いを叶えてやろう」と言われる。冗談と捉え「面の下が見たい」と答えた大吾が目にしたのは、月のように輝く金色の瞳だった。後日、再び現れた少女・きつねは、自らが妖怪であることを打ち明け、願いを叶えた対価として『ある計画』に加担するよう大吾を脅してくる。しかもその計画には大吾の憧れの女生徒・菊田あかりも関係していて――。
京都を舞台に繰り広げられる小さな妖しの千年の恋物語。

この作品を共有

「青い桜と千年きつね(SKYHIGH文庫)」最新刊

男子高生・古町大吾は夏祭りの夜、狐のお面を被った少女に「ひとつだけ願いを叶えてやろう」と言われる。冗談と捉え「面の下が見たい」と答えた大吾が目にしたのは、月のように輝く金色の瞳だった。後日、再び現れた少女・きつねは、自らが妖怪であることを打ち明け、願いを叶えた対価として『ある計画』に加担するよう大吾を脅してくる。しかもその計画には大吾の憧れの女生徒・菊田あかりも関係していて――。
京都を舞台に繰り広げられる小さな妖しの千年の恋物語。

「青い桜と千年きつね(SKYHIGH文庫)」の作品情報

レーベル
SKYHIGH文庫
出版社
メディアソフト
ジャンル
ライトノベル
ページ数
258ページ (青い桜と千年きつね)
配信開始日
2017年3月25日 (青い桜と千年きつね)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad