電子書籍 空色カンバス 文芸・小説

著: 靖子靖史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

空色カンバス あらすじ・内容

三十路間近な瑞空寺住職・日比野隆道和尚は、父母を失った高校三年生のゆかりのたった一人の家族であり、歳の離れた“兄ちゃん”だ。そんな兄妹の暮らす寺にある日、綺麗な黒髪と泣きぼくろが印象的な美女・小早川千尋がやってくる。着の身着のまま寺に駆け込み「夫のもとから逃げてきた」と訴える千尋を、隆道は寺の手伝いをしてもらう条件で居候させることにする。ゆかりは兄の提案に反対するが、三人の共同生活は否応なく始まる。

この作品を共有

「空色カンバス」最新刊

三十路間近な瑞空寺住職・日比野隆道和尚は、父母を失った高校三年生のゆかりのたった一人の家族であり、歳の離れた“兄ちゃん”だ。そんな兄妹の暮らす寺にある日、綺麗な黒髪と泣きぼくろが印象的な美女・小早川千尋がやってくる。着の身着のまま寺に駆け込み「夫のもとから逃げてきた」と訴える千尋を、隆道は寺の手伝いをしてもらう条件で居候させることにする。ゆかりは兄の提案に反対するが、三人の共同生活は否応なく始まる。

「空色カンバス」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
337ページ (空色カンバス)
配信開始日
2014年5月23日 (空色カンバス)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad