電子書籍 「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか 実用

著: 二宮誠 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか あらすじ・内容

労働運動ひとすじ40年。全国各地で労働組合の組織化を指揮してきた「伝説のオルガナイザー」が、すべてを語った。ケンカ同然のストライキ、倒産企業の整理でヤクザと対立、労組結成を嫌がる社長への直談判――。格差に苦しむ、すべての労働者のために、時に怒り、時に涙した活動の記録。

この作品を共有

「「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか」最新刊

労働運動ひとすじ40年。全国各地で労働組合の組織化を指揮してきた「伝説のオルガナイザー」が、すべてを語った。ケンカ同然のストライキ、倒産企業の整理でヤクザと対立、労組結成を嫌がる社長への直談判――。格差に苦しむ、すべての労働者のために、時に怒り、時に涙した活動の記録。

「「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか」の作品情報

レーベル
講談社+α文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
194ページ (「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか)
配信開始日
2017年3月24日 (「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad