電子書籍 再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争 実用

著: 藤村安芸子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争 あらすじ・内容

関東軍参謀として「満州事変」を主導した石原莞爾は、最終戦争論を唱えたことで知られる。王道を掲げる東洋文明の東亜と覇道を掲げる西洋文明の代表であるアメリカを中心とする連合との戦いで、戦争は極限に達するというのだ。彼の思想の背景には、軍事研究と日蓮信仰が、相携わっていた。戦後は、戦争放棄を唱えた彼の思想の本質とは何か。

この作品を共有

「再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争」最新刊

関東軍参謀として「満州事変」を主導した石原莞爾は、最終戦争論を唱えたことで知られる。王道を掲げる東洋文明の東亜と覇道を掲げる西洋文明の代表であるアメリカを中心とする連合との戦いで、戦争は極限に達するというのだ。彼の思想の背景には、軍事研究と日蓮信仰が、相携わっていた。戦後は、戦争放棄を唱えた彼の思想の本質とは何か。

「再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争」の作品情報

レーベル
講談社学術文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
231ページ (再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争)
配信開始日
2017年3月24日 (再発見 日本の哲学 石原莞爾――愛と最終戦争)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad