電子書籍 少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(メテオCOMICS) マンガ

完結
著: 高田慎一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

52ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(1) あらすじ・内容

妖精たちの島「ベルガモット」に連れてこられた女子中学生・島津ななこが、11人の仲間と共に、国づくりに挑む! 道路や水道を整備し、順調に都市開発を進める少女たちの政府に、敵国「アヴァロン」の魔手が迫る―。はたして、ななこは妖精たちの国を無事に治めることができるのか?!

この作品を共有
  

「少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(メテオCOMICS)」最新刊

ベルガモットへ帰って来たななこたち。アヴァロンを退けるが、そこには既に暫定政府ができていた!? ななこはプライドをかけ、選挙戦を実施すると言い始めるが……。メルセデスの仕切る選挙戦、圭夏の防衛力強化と、人気の閣僚達が大活躍の第4巻! そしてベルガモットの謎も明らかに――!?

「少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(メテオCOMICS)」作品一覧

(4冊)

561〜594(税込)

まとめてカート

妖精たちの島「ベルガモット」に連れてこられた女子中学生・島津ななこが、11人の仲間と共に、国づくりに挑む! 道路や水道を整備し、順調に都市開発を進める少女たちの政府に、敵国「アヴァロン」の魔手が迫る―。はたして、ななこは妖精たちの国を無事に治めることができるのか?!

巨大な台風や謎の伝染病、そして宿敵アヴァロンとの戦闘を乗り越え、絆を深めるななこたち少女政府の11人。さらに外貨を獲得するため、ラム酒の製造に乗り出すなど、ベルガモットは順調に発展しているかに見えた。ところが、ソフィアの突然の告白によって、少女たちの政府に激震が走る。

これまでのインフラ整備に加え、病院や学校など、公共施設も充実してきたベルガモット。さらに、プリシラと台鈴の暴走により、外食産業まで登場!? そんな中、外の世界と接触した少女政府は、外貨獲得のため、人間との貿易に乗り出す!

「少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(メテオCOMICS)」の作品情報

レーベル
メテオCOMICS
出版社
フレックスコミックス
ジャンル
マンガ 完結 青年マンガ 男性向け SF バトル・格闘・アクション ファンタジー COMICメテオ
ページ数
164ページ (少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(1))
配信開始日
2017年3月24日 (少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad