電子書籍 痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム(ブルーバックス) 実用

著: 伊藤誠二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム あらすじ・内容

日常生活のさまざまな場面で体験する「痛み」。痛みは、生きていくうえでの防御機能のため、警告の役割もしています。私たちが受ける刺激は、皮膚下の侵害受容器を活性化させ、感覚神経を通って脊髄に伝わり、大脳で痛みとして認識されます。体内で起きている「痛み」のメカニズムを解説します。

この作品を共有

「痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム(ブルーバックス)」最新刊

日常生活のさまざまな場面で体験する「痛み」。痛みは、生きていくうえでの防御機能のため、警告の役割もしています。私たちが受ける刺激は、皮膚下の侵害受容器を活性化させ、感覚神経を通って脊髄に伝わり、大脳で痛みとして認識されます。体内で起きている「痛み」のメカニズムを解説します。

「痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム(ブルーバックス)」の作品情報

レーベル
ブルーバックス
出版社
講談社
ジャンル
実用 医学・薬学
ページ数
245ページ (痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム)
配信開始日
2017年3月24日 (痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad