電子書籍 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 実用

著: 染谷和巳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律 あらすじ・内容

シリーズ累計70万部突破!
「いい人」でいたいと思ったら、部下も自分も伸びない!

2000年2月刊行後、ビジネス書で当時46週連続でベストテン入り(トーハン調べ)、
累計50万部に迫る版を重ねた『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
社員教育を専門とする企業の社長として、
四半世紀以上に渡り人材育成のノウハウを培ってきた著者・染谷氏が導き出した結論
──「会社という組織は日々、生死をかけて戦っている。その目的は勝つことであり負けないことだ」、
「そのためには社員すべてが強くなければならない」
という信念に基づいて書かれたこの本は、
戦後の民主主義を真っ向から否定した厳しい内容にもかかわらず、
多くの読者、特に経営者から圧倒的な支持を得た。

組織の中で特に厳しい立場にいる中間管理職、経営幹部のかたに向けて、どうすれば強くなることができるかの指針を示そうと書き下ろされた本書は、人間としての全体を見直させ、ともすれば惰性に流れ、これまで大過なく過ごせたことでふやけて弱体化したあなたを鍛えなおす。

書き下ろされた本書は、本書のエッセンシャル版『超訳・速習・図解 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 上司の鬼31則ノート 』を読み終えたかたにも手にとってほしい1冊。


【目次より抜粋】
■第一部:社員の意識を高めるできるのか
・社員と社長の意識は、これだけ違う
・「手取り二十五万円」の社員の意識を変える
■第二部:上司自身の意識を変える泣いている
・なぜ下に甘い上司ができるのか
・意識の低い幹部の言動に、社長は泣いている
■第三部:組織人として上司がなすべきこと
・“管理する”とは、何をすることなのか
・部下の反発をはね返す行動力
■第四部:部下の育成
・社員教育の発想は、間違いだらけ
・プラスの意気をする社員を育てよ
■第五部:強者の条件
・強さの二面、耐え抜く力と大義を貫く力
・サムライ部長が社長を変えた …他

この作品を共有

「上司が「鬼」とならねば部下は動かず」最新刊

シリーズ累計70万部突破!
「いい人」でいたいと思ったら、部下も自分も伸びない!

2000年2月刊行後、ビジネス書で当時46週連続でベストテン入り(トーハン調べ)、
累計50万部に迫る版を重ねた『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
社員教育を専門とする企業の社長として、
四半世紀以上に渡り人材育成のノウハウを培ってきた著者・染谷氏が導き出した結論
──「会社という組織は日々、生死をかけて戦っている。その目的は勝つことであり負けないことだ」、
「そのためには社員すべてが強くなければならない」
という信念に基づいて書かれたこの本は、
戦後の民主主義を真っ向から否定した厳しい内容にもかかわらず、
多くの読者、特に経営者から圧倒的な支持を得た。

組織の中で特に厳しい立場にいる中間管理職、経営幹部のかたに向けて、どうすれば強くなることができるかの指針を示そうと書き下ろされた本書は、人間としての全体を見直させ、ともすれば惰性に流れ、これまで大過なく過ごせたことでふやけて弱体化したあなたを鍛えなおす。

書き下ろされた本書は、本書のエッセンシャル版『超訳・速習・図解 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 上司の鬼31則ノート 』を読み終えたかたにも手にとってほしい1冊。


【目次より抜粋】
■第一部:社員の意識を高めるできるのか
・社員と社長の意識は、これだけ違う
・「手取り二十五万円」の社員の意識を変える
■第二部:上司自身の意識を変える泣いている
・なぜ下に甘い上司ができるのか
・意識の低い幹部の言動に、社長は泣いている
■第三部:組織人として上司がなすべきこと
・“管理する”とは、何をすることなのか
・部下の反発をはね返す行動力
■第四部:部下の育成
・社員教育の発想は、間違いだらけ
・プラスの意気をする社員を育てよ
■第五部:強者の条件
・強さの二面、耐え抜く力と大義を貫く力
・サムライ部長が社長を変えた …他

「上司が「鬼」とならねば部下は動かず」作品一覧

(2冊)

各1,100(税込)

まとめてカート

結果を出すリーダーには毒がある!

2000年2月刊行後、ビジネス書で当時46週連続でベストテン入り(トーハン調べ)、累計50万部に迫る版を重ねた『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
社員教育を専門とする企業の社長として、四半世紀以上に渡り人材育成のノウハウを培ってきた著者・染谷氏が導き出した結論──「会社という組織は日々、生死をかけて戦っている。その目的は勝つことであり負けないことだ」、「そのためには社員すべてが強くなければならない」という信念に基づいて書かれたこの本は、戦後の民主主義を真っ向から否定した厳しい内容にもかかわらず、多くの読者、特に経営者から圧倒的な支持を得ました。
経営者や上級管理職を主な読者として想定した『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』のエッセンスを、図解を織り交ぜて再編集したのが『上司の鬼31則ノート』です。
日本経済の発展を支えた高度成長期のビジネスマンの気概を範として、思考と行動を立て直すことが、日本経済、会社、そして自らの生活の豊かさを取り戻す第一歩。本書では強いハートを持ち、結果を出すリーダーになるための鬼の31則を紹介。初めて部下を持つ主任、係長、店長など初級管理職の人たちにも役立つ1冊です。

【目次より】
■イントロダクション:鬼上司の存在なくして企業の繁栄なし!
■第1章:会社は戦闘組織と心得よ!
■第2章:心の中のサラリーマン意識を捨て去れ!
■第3章:上司たるものの条件
■第4章:部下を管理できる上司になる!
■第5章:部下をうまく動かせない人は上司の顔をしてはいけない
■第6章:挨拶こそしつけの基本!
■第7章:やさしい上司になるな!利益を出せる上司になれ!

シリーズ累計70万部突破!
「いい人」でいたいと思ったら、部下も自分も伸びない!

2000年2月刊行後、ビジネス書で当時46週連続でベストテン入り(トーハン調べ)、
累計50万部に迫る版を重ねた『上司が「鬼」とならねば部下は動かず』。
社員教育を専門とする企業の社長として、
四半世紀以上に渡り人材育成のノウハウを培ってきた著者・染谷氏が導き出した結論
──「会社という組織は日々、生死をかけて戦っている。その目的は勝つことであり負けないことだ」、
「そのためには社員すべてが強くなければならない」
という信念に基づいて書かれたこの本は、
戦後の民主主義を真っ向から否定した厳しい内容にもかかわらず、
多くの読者、特に経営者から圧倒的な支持を得た。

組織の中で特に厳しい立場にいる中間管理職、経営幹部のかたに向けて、どうすれば強くなることができるかの指針を示そうと書き下ろされた本書は、人間としての全体を見直させ、ともすれば惰性に流れ、これまで大過なく過ごせたことでふやけて弱体化したあなたを鍛えなおす。

書き下ろされた本書は、本書のエッセンシャル版『超訳・速習・図解 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 上司の鬼31則ノート 』を読み終えたかたにも手にとってほしい1冊。


【目次より抜粋】
■第一部:社員の意識を高めるできるのか
・社員と社長の意識は、これだけ違う
・「手取り二十五万円」の社員の意識を変える
■第二部:上司自身の意識を変える泣いている
・なぜ下に甘い上司ができるのか
・意識の低い幹部の言動に、社長は泣いている
■第三部:組織人として上司がなすべきこと
・“管理する”とは、何をすることなのか
・部下の反発をはね返す行動力
■第四部:部下の育成
・社員教育の発想は、間違いだらけ
・プラスの意気をする社員を育てよ
■第五部:強者の条件
・強さの二面、耐え抜く力と大義を貫く力
・サムライ部長が社長を変えた …他

「上司が「鬼」とならねば部下は動かず」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 ビジネス 自己啓発・生き方
ページ数
244ページ (新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律)
配信開始日
2014年12月18日 (新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず 強い上司、強い部下を作る、31の黄金律)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad