電子書籍 速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく 実用

著: 菅原朋子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

必ずC言語が身につく入門書!第2版となる本書では開発環境の話も盛り込み、さらに見やすく・分かりやすく構成しました。 本書は、はじめてプログラミングを学ぶ方に向けたC言語の入門書です。最後まで読み通せるように、やさしいサンプルプログラムを使い、図解しながらていねいにわかりやすく解説しています。 そして、今までの入門書にはない工夫がたくさんあります。ステップ1「脳に定着させながら読み進める」:ポイントを透明シートでかくしながら確認できるようにしました。ステップ2「ていねいなソースコード解説でつまずかない」:細かな解説をソースコードの行間に入れました。ステップ3「良質かつ豊富な演習問題で確実に身につく」:学習したことがらをあやふやにせず、きっちりと理解、記憶しながら進めるように、単元ごとに演習問題を用意しました。特に、配列については早い段階で取り上げ、何度も演習を繰り返すようにしています。配列を使いこなさなければ、きちんとしたプログラムが作れないからです。また、C言語を学ぶ上で必要となる情報処理の基礎知識についても「再確認!情報処理の基礎知識」というコラムで解説するようにしました。このようにじっくり学ぶ構成になっていますが、各ステップを着実にこなしていけば、結果的に「急がば回れ」で『速習』になります。今までC言語は難しいとあきらめていた方も、本書の“脳に定着する3ステップ学習法”できっと身につくはずです。
■CONTENTS
機械のコトバと翻訳者/C言語の基本作法/データと型/式と演算子/制御文/標準ライブラリ関数/ポインタの仕組み/関数の自作/ビットを意識する/構造体を使いこなす/ファイル入出力
■著者
菅原朋子(スガワラトモコ) 大学卒業後、ソフトウェア開発会社に勤務。アセンブラ、C言語を中心としたアプリケーション開発に携わる。現在、福島県立テクノアカデミー郡山職業能力開発短期大学校組込技術工学科講師。2011年に400万アクセスを突破した、C言語入門の人気Webサイト「初心者のためのポイント学習C言語」を運営。2006年に『速習C言語入門』のサポートサイトを開設。※著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

この作品を共有

「速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

必ずC言語が身につく入門書!第2版となる本書では開発環境の話も盛り込み、さらに見やすく・分かりやすく構成しました。 本書は、はじめてプログラミングを学ぶ方に向けたC言語の入門書です。最後まで読み通せるように、やさしいサンプルプログラムを使い、図解しながらていねいにわかりやすく解説しています。 そして、今までの入門書にはない工夫がたくさんあります。ステップ1「脳に定着させながら読み進める」:ポイントを透明シートでかくしながら確認できるようにしました。ステップ2「ていねいなソースコード解説でつまずかない」:細かな解説をソースコードの行間に入れました。ステップ3「良質かつ豊富な演習問題で確実に身につく」:学習したことがらをあやふやにせず、きっちりと理解、記憶しながら進めるように、単元ごとに演習問題を用意しました。特に、配列については早い段階で取り上げ、何度も演習を繰り返すようにしています。配列を使いこなさなければ、きちんとしたプログラムが作れないからです。また、C言語を学ぶ上で必要となる情報処理の基礎知識についても「再確認!情報処理の基礎知識」というコラムで解説するようにしました。このようにじっくり学ぶ構成になっていますが、各ステップを着実にこなしていけば、結果的に「急がば回れ」で『速習』になります。今までC言語は難しいとあきらめていた方も、本書の“脳に定着する3ステップ学習法”できっと身につくはずです。
■CONTENTS
機械のコトバと翻訳者/C言語の基本作法/データと型/式と演算子/制御文/標準ライブラリ関数/ポインタの仕組み/関数の自作/ビットを意識する/構造体を使いこなす/ファイル入出力
■著者
菅原朋子(スガワラトモコ) 大学卒業後、ソフトウェア開発会社に勤務。アセンブラ、C言語を中心としたアプリケーション開発に携わる。現在、福島県立テクノアカデミー郡山職業能力開発短期大学校組込技術工学科講師。2011年に400万アクセスを突破した、C言語入門の人気Webサイト「初心者のためのポイント学習C言語」を運営。2006年に『速習C言語入門』のサポートサイトを開設。※著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

「速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく」の作品情報

レーベル
――
出版社
マイナビ出版
ジャンル
実用 デザイン
ページ数
420ページ (速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく)
配信開始日
2015年4月27日 (速習C言語入門 [第2版]  脳に定着する新メソッドで必ず身につく)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad