電子書籍 罰かぶり~丸山遊郭哀史~(ぶんか社コミックス) マンガ

著: 犬木加奈子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

罰かぶり~丸山遊郭哀史~ あらすじ・内容

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだというが……。

この作品を共有
  

「罰かぶり~丸山遊郭哀史~(ぶんか社コミックス)」最新刊

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだという。阿蘭のもとにはいつしかいわくつきの遊女が集まり……。

「罰かぶり~丸山遊郭哀史~(ぶんか社コミックス)」作品一覧

(2冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだというが……。

長崎、丸山遊郭。そこは日本で唯一、異国の客を相手にする女郎屋が軒を連ねていた。丸山遊郭の名店<銀波楼(ぎんぱろう)>で生まれ育ち、下働きをする阿蘭(おらん)は幼いころから頭に鉢をかぶせられ、顔を隠すことを強いられていた。それは、阿蘭の顔を見た者に災厄が訪れるためだという。阿蘭のもとにはいつしかいわくつきの遊女が集まり……。

「罰かぶり~丸山遊郭哀史~(ぶんか社コミックス)」の作品情報

レーベル
ぶんか社コミックス
出版社
ぶんか社
ジャンル
マンガ 女性向け 女性マンガ ホラー
ページ数
179ページ (罰かぶり~丸山遊郭哀史~)
配信開始日
2017年4月6日 (罰かぶり~丸山遊郭哀史~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad