電子書籍 Gマン 宿命の銃弾(扶桑社BOOKSミステリー) 文芸

著: スティーヴン・ハンター  訳者: 公手成幸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

Gマン 宿命の銃弾(上) あらすじ・内容

「極大射程」に始まる〈スワガー・サーガ〉の第15作!
アーカンソー州にあるボブ・リー・スワガーの地所の造成地から、祖父チャールズの遺品と思われるコルト45と紙幣、謎の地図、そして1934年のみ用いられたFBIの前身、司法省捜査局のバッジなどが発見される。
ジョン・デリンジャーやベビーフェイス・ネルソンといった名うての悪漢が跋扈した時代に、当時、ポーク郡の保安官だった祖父はどうやら捜査局に協力して、アウトローたちを狩り出す任務に従事していたらしい。
自らのルーツでもある祖父の謎に満ちた事績を追うべくボブは調査を開始する!
―――
《「スワガー・サーガ」シリーズ》
『極大射程』(上・下)
『ダーティホワイトボーイズ』
『ブラックライト』(上・下)
『狩りのとき』(上・下)
『悪徳の都』(上・下)
『最も危険な場所』(上・下)
『ハバナの男たち』(上・下)
『四十七人目の男』(上・下)
『黄昏の狙撃手』(上・下)
『蘇えるスナイパー』(上・下)
『デッド・ゼロ 一撃必殺』(上・下)
『ソフト・ターゲット』(上・下)
『第三の銃弾』(上・下)
『スナイパーの誇り』(上・下)
――

この作品を共有

「Gマン 宿命の銃弾(扶桑社BOOKSミステリー)」最新刊

1934年、シカゴ。保安官チャールズ・F・スワガーは、司法省捜査局からの要請を受け捜査官たちに銃器の訓練を施しながら、彼らとともにデリンジャーとその仲間の強盗一味を追っていた。
中でも、その凶暴性と狡猾さで恐れられていたのはベビーフェイス・ネルソンだった……。
トンプソンvsコルトのひりつくようなガンバトル。狩るものと狩られるものの壮絶な銃撃戦。
実在のギャングと捜査官たちをモチーフに、巨匠ハンターが圧倒的筆致で描き出すガン・アクションの決定版!
  (解説・古山裕樹)

「Gマン 宿命の銃弾(扶桑社BOOKSミステリー)」作品一覧

(2冊)

各740円 (+税)

まとめてカート

「極大射程」に始まる〈スワガー・サーガ〉の第15作!
アーカンソー州にあるボブ・リー・スワガーの地所の造成地から、祖父チャールズの遺品と思われるコルト45と紙幣、謎の地図、そして1934年のみ用いられたFBIの前身、司法省捜査局のバッジなどが発見される。
ジョン・デリンジャーやベビーフェイス・ネルソンといった名うての悪漢が跋扈した時代に、当時、ポーク郡の保安官だった祖父はどうやら捜査局に協力して、アウトローたちを狩り出す任務に従事していたらしい。
自らのルーツでもある祖父の謎に満ちた事績を追うべくボブは調査を開始する!
―――
《「スワガー・サーガ」シリーズ》
『極大射程』(上・下)
『ダーティホワイトボーイズ』
『ブラックライト』(上・下)
『狩りのとき』(上・下)
『悪徳の都』(上・下)
『最も危険な場所』(上・下)
『ハバナの男たち』(上・下)
『四十七人目の男』(上・下)
『黄昏の狙撃手』(上・下)
『蘇えるスナイパー』(上・下)
『デッド・ゼロ 一撃必殺』(上・下)
『ソフト・ターゲット』(上・下)
『第三の銃弾』(上・下)
『スナイパーの誇り』(上・下)
――

1934年、シカゴ。保安官チャールズ・F・スワガーは、司法省捜査局からの要請を受け捜査官たちに銃器の訓練を施しながら、彼らとともにデリンジャーとその仲間の強盗一味を追っていた。
中でも、その凶暴性と狡猾さで恐れられていたのはベビーフェイス・ネルソンだった……。
トンプソンvsコルトのひりつくようなガンバトル。狩るものと狩られるものの壮絶な銃撃戦。
実在のギャングと捜査官たちをモチーフに、巨匠ハンターが圧倒的筆致で描き出すガン・アクションの決定版!
  (解説・古山裕樹)

「Gマン 宿命の銃弾(扶桑社BOOKSミステリー)」の作品情報

レーベル
扶桑社BOOKSミステリー
出版社
扶桑社
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
429ページ (Gマン 宿命の銃弾(上))
配信開始日
2017年3月30日 (Gマン 宿命の銃弾(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad