電子書籍 イノベーション・ファシリテーター 実用

著: 野村恭彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

イノベーション・ファシリテーター あらすじ・内容

さぁ、新しい現実づくりに挑戦しよう。

少子高齢化、地方の衰退、震災からの復興といった社会的問題を解決するために年齢、国籍、業種、性別などを超えた対話の場が急増している。
これらの対話をリードするイノベーション・ファシリテーター<新しいアイデアやプロダクトを新しい方法で世の中に提供して、社会に変革を起こそうとする人々を支援し、うまくことが運ぶよう舵取りする人>に
なるための思想と方法論を詳細に解説した初めての本。

【著者紹介】
野村恭彦(のむら・たかひこ)
フューチャーセッションズ代表。
富士ゼロックスを経て、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、2012年に独立。
金沢工業大学教授(K.I.T.虎ノ門大学院)。国際大学GLOCOM主幹研究員。慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。
著書に『サラサラの組織』(共著/ダイヤモンド社)、『裏方ほどおいしい仕事はない!』『フューチャーセンターをつくろう』(ともにプレジデント社)。
翻訳監修書に『コミュニティ・オブ・プラクティス』(翔泳社)、『ゲームストーミング』(オライリージャパン)、『シナリオ・プランニング』(英治出版)などがある。

【目次より】
◆第1部 イノベーション・ファシリテーターの思想
□第1章 フューチャーセッションを開くまえに
□第2章 問いを立てる
□第3章 ゴールを見つめる
□第4章 信頼関係を生み出す
□第5章 参加者一人ひとりを主人公にする
□第6章 集まった人たちならではの意見をつくる
□第7章 デザイン思考と未来思考
□第8章 関係性のつなぎ直しで課題解決
◆第2部 フューチャーセッションの実践
◆第3部 不安、疑問に答えるQ&A

この作品を共有

「イノベーション・ファシリテーター」最新刊

さぁ、新しい現実づくりに挑戦しよう。

少子高齢化、地方の衰退、震災からの復興といった社会的問題を解決するために年齢、国籍、業種、性別などを超えた対話の場が急増している。
これらの対話をリードするイノベーション・ファシリテーター<新しいアイデアやプロダクトを新しい方法で世の中に提供して、社会に変革を起こそうとする人々を支援し、うまくことが運ぶよう舵取りする人>に
なるための思想と方法論を詳細に解説した初めての本。

【著者紹介】
野村恭彦(のむら・たかひこ)
フューチャーセッションズ代表。
富士ゼロックスを経て、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、2012年に独立。
金沢工業大学教授(K.I.T.虎ノ門大学院)。国際大学GLOCOM主幹研究員。慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。
著書に『サラサラの組織』(共著/ダイヤモンド社)、『裏方ほどおいしい仕事はない!』『フューチャーセンターをつくろう』(ともにプレジデント社)。
翻訳監修書に『コミュニティ・オブ・プラクティス』(翔泳社)、『ゲームストーミング』(オライリージャパン)、『シナリオ・プランニング』(英治出版)などがある。

【目次より】
◆第1部 イノベーション・ファシリテーターの思想
□第1章 フューチャーセッションを開くまえに
□第2章 問いを立てる
□第3章 ゴールを見つめる
□第4章 信頼関係を生み出す
□第5章 参加者一人ひとりを主人公にする
□第6章 集まった人たちならではの意見をつくる
□第7章 デザイン思考と未来思考
□第8章 関係性のつなぎ直しで課題解決
◆第2部 フューチャーセッションの実践
◆第3部 不安、疑問に答えるQ&A

「イノベーション・ファシリテーター」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 ビジネス 教養 社会
ページ数
259ページ (イノベーション・ファシリテーター)
配信開始日
2017年3月31日 (イノベーション・ファシリテーター)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad