電子書籍 品川人情串一本差し 文芸

著者: 倉阪鬼一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

海山の幸 品川人情串一本差し あらすじ・内容

品川の情景と心に沁みる市井の人情。書き下ろし時代小説新シリーズ!

元八丁堀同心の波之進は身内を悪人に殺され、稼業をやめて妹と品川で串焼きの見世を開いていた。ある日、波之進は海の救け組と身投げをした女を助ける。話を聞くとそれは波之進の敵が関係しているらしく……

この作品を共有

「品川人情串一本差し」最新刊

串の見世を営む波之進は、救け組の仲間たちと父と用人の敵である盗賊・黒帆の甚八を討ちに出発する。道々、悪党退治を応援する土地の人々の料理に励まされながら進む波之進。念願の敵討ちは果たせるのか!?

「品川人情串一本差し」作品一覧

(3冊)

各560円 (+税)

まとめてカート

元八丁堀同心の波之進は身内を悪人に殺され、稼業をやめて妹と品川で串焼きの見世を開いていた。ある日、波之進は海の救け組と身投げをした女を助ける。話を聞くとそれは波之進の敵が関係しているらしく……

串屋の主にして元八丁堀同心の波之進は、悪党の押し込みを受け、一族郎党を殺された升屋の跡取り息子の命を救う。三十八文見世に売られていた盗品を手掛かりに盗賊団の足どりをつかもうとするのだが……。

串の見世を営む波之進は、救け組の仲間たちと父と用人の敵である盗賊・黒帆の甚八を討ちに出発する。道々、悪党退治を応援する土地の人々の料理に励まされながら進む波之進。念願の敵討ちは果たせるのか!?

「品川人情串一本差し」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
251ページ (海山の幸 品川人情串一本差し)
配信開始日
2013年12月25日 (海山の幸 品川人情串一本差し)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad