電子書籍 幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理― 実用

著: 小泉武夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理― あらすじ・内容

時は天明から文化文政。大田南畝、山東京伝など、名だたる文人たちが舌鼓を打って風流三昧。嘉永七年には、ペリー一行に一人前三両、総額千五百両の料理を振舞う大役を担った「百川」。果たして、維新の荒波を乗り切る手立ては? 希代の発酵学者が、饗応料理の真髄と化政文化の醍醐味を鮮やかに描き出し、謎多き料亭の真相を追う。

この作品を共有

「幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理―」最新刊

時は天明から文化文政。大田南畝、山東京伝など、名だたる文人たちが舌鼓を打って風流三昧。嘉永七年には、ペリー一行に一人前三両、総額千五百両の料理を振舞う大役を担った「百川」。果たして、維新の荒波を乗り切る手立ては? 希代の発酵学者が、饗応料理の真髄と化政文化の醍醐味を鮮やかに描き出し、謎多き料亭の真相を追う。

「幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
実用 歴史
ページ数
192ページ (幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理―)
配信開始日
2017年4月14日 (幻の料亭・日本橋「百川」―黒船を饗した江戸料理―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad