電子書籍 本当は世界がうらやむ最強の日本経済 実用

著: イェスパー・コール 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

本当は世界がうらやむ最強の日本経済 あらすじ・内容

人口減、長期化するデフレ、国債リスクや年金崩壊、格差拡大……
今、多くの日本人は日本経済の未来に対して、非常に悲観的なイメージを抱いている。
しかし、諸外国と比較したデータを冷静に見つめれば、
日本経済と日本の社会システムは、世界一と言ってよいほど恵まれている状況にあるのだ。
日本在住30年以上のドイツ人エコノミストが、医療や学費から家賃、そして株価といった、
誰にでもわかるシンプルな統計データを元に、日本の「好都合すぎる未来」をはっきり描き出す。

【著者紹介】
イェスパー・コール
1961年ドイツ生まれ。80年、レスター・B・ピアソン・カレッジ・オブ・ザ・パシフィック卒。
86年ジョン・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて国際経済学修士を取得。
京都大学経済研究所研究員、東京大学教養学部社会科学研究室研究員を経て、
89年、S.G.ウォルバーグ証券会社日本経済担当チーフ・エコノミストに就任。
J.Pモルガン(東京)調査部長、タイガー・マネジメントL.L.C日本駐在事務所マネージングディレクター、
メリルリンチのチーフジャパンアナリスト、J.P.モルガン株式調査部長などを歴任。
2015年、世界で運用資産残高630億ドルを超えるウィズダムツリー・ジャパン最高経営責任者(CEO)に抜擢される。
一貫して日本経済の調査に携わっており、通産省の産業金融小委員会を始め、
財務省の関税・外国為替等審議会外国為替等分科会の専門委員など、各種政府諮問委員会のメンバーとしても活躍。
著書に『日本経済これから黄金期へ』『平成デフレの終焉』など。

【目次より】
◆まえがき なぜ世界は日本をうらやむのか
◆第1章 実は全然衰退していない日本
◆第2章 実は急上昇している日本企業の底力
◆第3章 実は絶対に破綻しない日本国債と金融
◆第4章 実はトランプ勝利で活性化する日本
◆第5章 少子化、五輪、AI…実は好都合な近未来

この作品を共有

「本当は世界がうらやむ最強の日本経済」最新刊

人口減、長期化するデフレ、国債リスクや年金崩壊、格差拡大……
今、多くの日本人は日本経済の未来に対して、非常に悲観的なイメージを抱いている。
しかし、諸外国と比較したデータを冷静に見つめれば、
日本経済と日本の社会システムは、世界一と言ってよいほど恵まれている状況にあるのだ。
日本在住30年以上のドイツ人エコノミストが、医療や学費から家賃、そして株価といった、
誰にでもわかるシンプルな統計データを元に、日本の「好都合すぎる未来」をはっきり描き出す。

【著者紹介】
イェスパー・コール
1961年ドイツ生まれ。80年、レスター・B・ピアソン・カレッジ・オブ・ザ・パシフィック卒。
86年ジョン・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて国際経済学修士を取得。
京都大学経済研究所研究員、東京大学教養学部社会科学研究室研究員を経て、
89年、S.G.ウォルバーグ証券会社日本経済担当チーフ・エコノミストに就任。
J.Pモルガン(東京)調査部長、タイガー・マネジメントL.L.C日本駐在事務所マネージングディレクター、
メリルリンチのチーフジャパンアナリスト、J.P.モルガン株式調査部長などを歴任。
2015年、世界で運用資産残高630億ドルを超えるウィズダムツリー・ジャパン最高経営責任者(CEO)に抜擢される。
一貫して日本経済の調査に携わっており、通産省の産業金融小委員会を始め、
財務省の関税・外国為替等審議会外国為替等分科会の専門委員など、各種政府諮問委員会のメンバーとしても活躍。
著書に『日本経済これから黄金期へ』『平成デフレの終焉』など。

【目次より】
◆まえがき なぜ世界は日本をうらやむのか
◆第1章 実は全然衰退していない日本
◆第2章 実は急上昇している日本企業の底力
◆第3章 実は絶対に破綻しない日本国債と金融
◆第4章 実はトランプ勝利で活性化する日本
◆第5章 少子化、五輪、AI…実は好都合な近未来

「本当は世界がうらやむ最強の日本経済」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 経済
ページ数
239ページ (本当は世界がうらやむ最強の日本経済)
配信開始日
2017年3月31日 (本当は世界がうらやむ最強の日本経済)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad