電子書籍 老舗の流儀―虎屋とエルメス― 実用

著: 黒川光博  著: 齋藤峰明 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

老舗の流儀―虎屋とエルメス― あらすじ・内容

「エルメスのライバルを強いて挙げるならば虎屋」。この言葉から始まった、虎屋17代目とエルメス本社前副社長の対話。会社が長く続く理由とは? 働くことの意義とは? パリ本店「エルメス・ミュージアム」や和菓子を研究し紹介する「虎屋文庫」、それぞれの工房まで。当事者が案内する、最先端を走り続ける企業の舞台裏。

この作品を共有

「老舗の流儀―虎屋とエルメス―」最新刊

「エルメスのライバルを強いて挙げるならば虎屋」。この言葉から始まった、虎屋17代目とエルメス本社前副社長の対話。会社が長く続く理由とは? 働くことの意義とは? パリ本店「エルメス・ミュージアム」や和菓子を研究し紹介する「虎屋文庫」、それぞれの工房まで。当事者が案内する、最先端を走り続ける企業の舞台裏。

「老舗の流儀―虎屋とエルメス―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
237ページ (老舗の流儀―虎屋とエルメス―)
配信開始日
2017年4月14日 (老舗の流儀―虎屋とエルメス―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad