電子書籍 上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資 実用

著: 森田潤  著: 羽藤将志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資 あらすじ・内容

かつては効果的とされていた「預貯金」も、相次ぐ増税や超がつくほどの低金利、そして今後進められるインフレ策の前にはその価値を見出せなくなっています。今や資産は自分で増やして守る時代――そんな中、注目を集めているのが不動産投資です。レバレッジを利かせることで少ない資金でも大きく運用できるため、富裕者層はもちろん上場企業のエリート社員、一般サラリーマンや主婦からも人気を集めています。しかし、確かに不動産投資は少ない元手でもできますが、実際にはある程度の資金力があったほうがリスクを軽減できると言えます。そして、その目安がズバリ「年収1,000万円」です。そこで、本書では不動産運用とライフプランニングの専門家が年収1,000万円をスタートラインとして、いかに目標額10億円を築くのかを具体的な事例とともに紹介します。「そもそも不動産投資とは?」「どんな物件を選べばいい?」といった基礎知識から、効果的な節税法や組み換えのタイミングなど、初心者から投資経験者まで役立つ情報が満載です。

この作品を共有

「上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資」最新刊

かつては効果的とされていた「預貯金」も、相次ぐ増税や超がつくほどの低金利、そして今後進められるインフレ策の前にはその価値を見出せなくなっています。今や資産は自分で増やして守る時代――そんな中、注目を集めているのが不動産投資です。レバレッジを利かせることで少ない資金でも大きく運用できるため、富裕者層はもちろん上場企業のエリート社員、一般サラリーマンや主婦からも人気を集めています。しかし、確かに不動産投資は少ない元手でもできますが、実際にはある程度の資金力があったほうがリスクを軽減できると言えます。そして、その目安がズバリ「年収1,000万円」です。そこで、本書では不動産運用とライフプランニングの専門家が年収1,000万円をスタートラインとして、いかに目標額10億円を築くのかを具体的な事例とともに紹介します。「そもそも不動産投資とは?」「どんな物件を選べばいい?」といった基礎知識から、効果的な節税法や組み換えのタイミングなど、初心者から投資経験者まで役立つ情報が満載です。

「上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
実用 投資・マネー
ページ数
215ページ (上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資)
配信開始日
2017年3月31日 (上場企業エリート社員のための 最強の不動産投資)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad