電子書籍 業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント 実用

著: 太田裕二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント あらすじ・内容

自然災害や設備の故障、事故、さらにはSNSの炎上や従業員トラブルなど、企業は、事業を存続の危機に陥らせるリスクに常にさらされている。報道を見ても、食品メーカーの異物混入や従業員のSNS炎上によって、商品の販売を停止せざるを得なかったり、企業イメージを落としてしまうケースは数多い。大企業にとっても突発的なトラブルによる損害は極めて大きな打撃となるが、体力で劣る中小零細企業やベンチャー企業の場合は、さらにダメージは深刻だ。とりわけ起業間もない経営者はリスクマネジメントのノウハウが不足していることが多く、思わぬ危機に見舞われると、経営者の辞任や業績の悪化など重大な損失を被ることが少なくない。そこで本書では、法人向け損害保険の販売を通じてリスクの類型、傾向、あるいは対策に精通した“プロエージェント”である著者が、現代の企業経営に求められるリスクマネジメントのノウハウを、起業したばかりの経営初心者でもわかりやすく解説する。

この作品を共有

「業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント」最新刊

自然災害や設備の故障、事故、さらにはSNSの炎上や従業員トラブルなど、企業は、事業を存続の危機に陥らせるリスクに常にさらされている。報道を見ても、食品メーカーの異物混入や従業員のSNS炎上によって、商品の販売を停止せざるを得なかったり、企業イメージを落としてしまうケースは数多い。大企業にとっても突発的なトラブルによる損害は極めて大きな打撃となるが、体力で劣る中小零細企業やベンチャー企業の場合は、さらにダメージは深刻だ。とりわけ起業間もない経営者はリスクマネジメントのノウハウが不足していることが多く、思わぬ危機に見舞われると、経営者の辞任や業績の悪化など重大な損失を被ることが少なくない。そこで本書では、法人向け損害保険の販売を通じてリスクの類型、傾向、あるいは対策に精通した“プロエージェント”である著者が、現代の企業経営に求められるリスクマネジメントのノウハウを、起業したばかりの経営初心者でもわかりやすく解説する。

「業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
実用
ページ数
177ページ (業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント)
配信開始日
2017年3月31日 (業績を伸ばすための“守り”を固める 鉄壁のリスクマネジメント)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad