電子書籍 鳥の会議(河出文庫) 文芸

著: 山下澄人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鳥の会議 あらすじ・内容

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしにどつかれて左目を腫らしたと知ると、神永たちは仕返しにゲーセンに向かい、教師や先輩からの理不尽には暴力で反抗する毎日。ある晩、酔った親父の乱暴にカッとなった神永は、台所に2本あった包丁を握る。「お前にやられるなら本望や」そう言い放つ親父を、神永は刺すのだが……。
痛みと苦味のなかで輝く、少年たちの青春群像。
◎解説=町田康

「悲しみのなかを漂う優しさには暴力の気配がたちこめる。」

「読者の魂に素手で触れてくるような小説である。」

「私は魂が振れた。」

――町田康氏(小説家)

この作品を共有

「鳥の会議(河出文庫)」最新刊

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしにどつかれて左目を腫らしたと知ると、神永たちは仕返しにゲーセンに向かい、教師や先輩からの理不尽には暴力で反抗する毎日。ある晩、酔った親父の乱暴にカッとなった神永は、台所に2本あった包丁を握る。「お前にやられるなら本望や」そう言い放つ親父を、神永は刺すのだが……。
痛みと苦味のなかで輝く、少年たちの青春群像。
◎解説=町田康

「悲しみのなかを漂う優しさには暴力の気配がたちこめる。」

「読者の魂に素手で触れてくるような小説である。」

「私は魂が振れた。」

――町田康氏(小説家)

「鳥の会議(河出文庫)」の作品情報

レーベル
河出文庫
出版社
河出書房新社
ジャンル
文芸 日本文学
ページ数
197ページ (鳥の会議)
配信開始日
2017年4月7日 (鳥の会議)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad