電子書籍 鮪立の海(文春e-book) 文芸

著: 熊谷達也 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鮪立の海 あらすじ・内容

「仙河海」サーガ、最終章
三陸の入り江の港町、仙河海。
この北の海から、遥か遠方へ――。
父や兄とともに漁に一生をかけ、その栄枯盛衰を見た男の一代記。

「見でろっ。俺ぁ、絶対に船頭さなるぞ!」

宮城県北、三陸海岸の入江にたたずむ町「仙河海」(せんがうみ)。
のちに遠洋マグロ漁業で栄えるこの地で、大正十四年に生まれた菊田守一は、
「名船頭」として名を馳せた祖父や父のようになることを夢みていた。
いつか自分の船で太平洋の大海原に乗り出してカツオの群を追いかけたい――。
米軍の艦上戦闘機グラマンとの戦い、敗戦からの復興……。
著者ライフワーク「仙河海」サーガの最新作。

三陸の海辺には、どんな日常があったのか――。

この作品を共有

「鮪立の海(文春e-book)」最新刊

「仙河海」サーガ、最終章
三陸の入り江の港町、仙河海。
この北の海から、遥か遠方へ――。
父や兄とともに漁に一生をかけ、その栄枯盛衰を見た男の一代記。

「見でろっ。俺ぁ、絶対に船頭さなるぞ!」

宮城県北、三陸海岸の入江にたたずむ町「仙河海」(せんがうみ)。
のちに遠洋マグロ漁業で栄えるこの地で、大正十四年に生まれた菊田守一は、
「名船頭」として名を馳せた祖父や父のようになることを夢みていた。
いつか自分の船で太平洋の大海原に乗り出してカツオの群を追いかけたい――。
米軍の艦上戦闘機グラマンとの戦い、敗戦からの復興……。
著者ライフワーク「仙河海」サーガの最新作。

三陸の海辺には、どんな日常があったのか――。

「鮪立の海(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸
ページ数
465ページ (鮪立の海)
配信開始日
2017年4月7日 (鮪立の海)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad