電子書籍 P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜 文芸

著: 福永武彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜 あらすじ・内容

珠玉の“ロマネスクな短編”14作を収録!

帰りの遅い父を待ちながら優しく甘い夢を紡ぐ孤独な少年の内面を、ロマネスクな文体で描いた表題作「夢見る少年の昼と夜」。

不可思議な死を遂げた兄の秘密が自分の運命にも繋がっている事実を知った女性の生を見つめる「秋の嘆き」ほか、「死神の叡者」、「鏡の中の少女」、「夜の寂しい顔」「未来都市」、「鬼」など、意識の深い底に横たわる揺らぎを凝視した福永ワールドの短編14作。

初版単行本『心の中を流れる河』、『世界の終り』より編纂した一冊。

この作品を共有

「P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜」最新刊

珠玉の“ロマネスクな短編”14作を収録!

帰りの遅い父を待ちながら優しく甘い夢を紡ぐ孤独な少年の内面を、ロマネスクな文体で描いた表題作「夢見る少年の昼と夜」。

不可思議な死を遂げた兄の秘密が自分の運命にも繋がっている事実を知った女性の生を見つめる「秋の嘆き」ほか、「死神の叡者」、「鏡の中の少女」、「夜の寂しい顔」「未来都市」、「鬼」など、意識の深い底に横たわる揺らぎを凝視した福永ワールドの短編14作。

初版単行本『心の中を流れる河』、『世界の終り』より編纂した一冊。

「P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜」の作品情報

レーベル
P+D BOOKS
出版社
小学館
ジャンル
文芸
ページ数
479ページ (P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜)
配信開始日
2017年4月14日 (P+D BOOKS 夢見る少年の昼と夜)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad