電子書籍 シャーロック・ホームズ(東京創元社) 文芸・小説

著: コナン・ドイル  訳者: 阿部知二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

緋色の研究【阿部知二訳】 あらすじ・内容

空家で殺されていた謎の死体,その壁に血で書かれた“復讐”の文字。
この怪事件こそは、インドに従軍し負傷して帰国したワトスン医師が、名探偵の名も高いホームズと出会い、初めて手がけた、忘れがたい最初の事件であった。
とまどう警察を尻目に、快刀乱麻を断つがごときホームズのあざやかな推理は、過去にさかのぼって驚くべき真相に到達する。
名コンビ誕生のエピソードをご堪能あれ。

この作品を共有

「シャーロック・ホームズ(東京創元社)」最新刊

シャーロック・ホームズ最後の長編は、彼の最大の敵、悪の天才モリアーティ教授との死闘である。
ある日ホームズのもとにとどいた暗号文は、殺人の警告であったが、時すでにおそく、被害者は惨殺されてしまった。平和なイングランドの小村に起こる殺人は、アメリカ開拓時代の昔にさかのぼって、悪の集団の恐るべき正体を暴露する!ディクスン・カーがドイル長編中のベストとして推す傑作で、第二部は、それだけ独立させても充分な謎と意外性を秘めている。

「シャーロック・ホームズ(東京創元社)」作品一覧

(8冊)

330〜440(税込)

まとめてカート

空家で殺されていた謎の死体,その壁に血で書かれた“復讐”の文字。
この怪事件こそは、インドに従軍し負傷して帰国したワトスン医師が、名探偵の名も高いホームズと出会い、初めて手がけた、忘れがたい最初の事件であった。
とまどう警察を尻目に、快刀乱麻を断つがごときホームズのあざやかな推理は、過去にさかのぼって驚くべき真相に到達する。
名コンビ誕生のエピソードをご堪能あれ。

ある日ホームズのもとへうら若き女性の依頼人が現れた。
インドから帰国した父親が、女性が17歳のときに失踪してしまった。ところがそれから後毎年のように、ひと粒の美しい真珠が送り届けられるようになった。
だれが送ってくれるのか、その正体はまったくの謎。
ところが今年は、妙な招待状が届いたというのだ。
「・・・あなたは不当に虐待されている女性ですから、正当なつぐないを受けさせてあげます。・・・」
無限の冨を持つとみられる軍人の怪死からはじめて明るみに出た“四人の署名”の秘密。
インド王族の秘宝をめぐり、ロンドンの水路を舞台に繰り広げられる争奪戦。
シャーロック・ホームズものの長編第2弾、ここに登場。

西部イングランドの名家バスカヴィル家の当主が、突然変死をとげた。恐怖に顔をゆがめた遺体のそばで見つかったのは、ものすごく巨大な犬の足跡!
じつはバスカヴィル家には、犬にまつわる因縁が存在した。
18世紀のなかば、当時の当主が悪逆非道のはてに、巨大な魔犬に咽喉笛を食いちぎられて死んだというのである。
伝説の再来か、はたまた何かの秘密が隠されているのか。
闇にきらめく灯火。火を吐く魔犬の跳梁!
荒涼たるイングランドの寒村を舞台に、ホームズとワトスンは恐怖と怪異に満ちた謎に挑戦する。

「シャーロック・ホームズ(東京創元社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸・小説 推理 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
210ページ (緋色の研究【阿部知二訳】)
配信開始日
2013年10月24日 (緋色の研究【阿部知二訳】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad