電子書籍 忠臣蔵(徳間文庫) 文芸・小説

著者: 森村誠一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

忠臣蔵[上] あらすじ・内容

許せ。それは内匠頭が告げた訣別の呟きであった。殿中松の廊下、内匠頭は愛しい者や愛する古里すべてを備前長船一尺七寸の業物にかけて捨て去った。「上野介、待て!」構想十余年、著者の忠臣蔵は絢爛たる人間蔵ドラマとして描かれた!

この作品を共有

「忠臣蔵(徳間文庫)」最新刊

「我ら亡君のお怨みを散ぜんために推参仕った」屋内斬り込み隊はすでに庭の雪を蹴たてて走り出している。十二月十四日寅の上刻、まさに血戦の火蓋は切られようとしていた――五代将軍派対六代将軍派。二大権力闘争の視座から著した国民ロマン!

「忠臣蔵(徳間文庫)」作品一覧

(2冊)

各750円 (+税)

まとめてカート

許せ。それは内匠頭が告げた訣別の呟きであった。殿中松の廊下、内匠頭は愛しい者や愛する古里すべてを備前長船一尺七寸の業物にかけて捨て去った。「上野介、待て!」構想十余年、著者の忠臣蔵は絢爛たる人間蔵ドラマとして描かれた!

「我ら亡君のお怨みを散ぜんために推参仕った」屋内斬り込み隊はすでに庭の雪を蹴たてて走り出している。十二月十四日寅の上刻、まさに血戦の火蓋は切られようとしていた――五代将軍派対六代将軍派。二大権力闘争の視座から著した国民ロマン!

「忠臣蔵(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 歴史
ページ数
667ページ (忠臣蔵[上])
配信開始日
2017年4月21日 (忠臣蔵[上])
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad