電子書籍 特命警部(実業之日本社文庫 ) 文芸・小説

著者: 南英男 

まずは、無料で試し読み

試し読み

40ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

特命警部 あらすじ・内容

警視庁副総監直属の特命捜査官である畔上拳(あぜがみけん)。職階は警部だが、前例なき検挙率を誇る異端児である。権威や権力にひざまずくのを最大の恥とし、同僚とも馴れ合わない。だからこそ己の青臭い正義を貫く監察官の八木敏宗(やぎとしむね)にどこか共鳴していた――。ある日、惨殺された八木の写真を手に、畔上は三人の元警察官に容疑者を絞り込んだ。弔い捜査が始まった! 警察手帳なぞいらない。捜査にいるのは拳だけ。殉職警官の無念を晴らせ! 警視副総監直属の覆面捜査シリーズ出動! 警察の腐敗を闇に葬るべくアウトロー刑事が暗躍!

この作品を共有

「特命警部(実業之日本社文庫 )」最新刊

一発の流れ弾が家族の幸せを奪った――正義の捜査に手段は選ばない! 罪無き市民を襲った銃弾。慟哭と憤怒の捜査が始まる! 新宿駅東口で特命刑事・畔上拳は狙撃された。発射された三発の弾丸は標的を逸れ、通行中の妊婦に命中してしまう。産まれるはずだった子供と妻を同時に喪った悲しみから、夫の森岡諒一に激しく恨まれる。不可抗力とはいえ、畔上には拭い去れぬ罪の意識が。故人の無念は晴らすと決意し、手段を選ばぬ捜査が始まった──怒濤の警察アクション小説!(徳間文庫刊「覆面刑事 流れ弾丸」改題)

「特命警部(実業之日本社文庫 )」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

警視庁副総監直属の特命捜査官である畔上拳(あぜがみけん)。職階は警部だが、前例なき検挙率を誇る異端児である。権威や権力にひざまずくのを最大の恥とし、同僚とも馴れ合わない。だからこそ己の青臭い正義を貫く監察官の八木敏宗(やぎとしむね)にどこか共鳴していた――。ある日、惨殺された八木の写真を手に、畔上は三人の元警察官に容疑者を絞り込んだ。弔い捜査が始まった! 警察手帳なぞいらない。捜査にいるのは拳だけ。殉職警官の無念を晴らせ! 警視副総監直属の覆面捜査シリーズ出動! 警察の腐敗を闇に葬るべくアウトロー刑事が暗躍!

闇ビジネスの黒幕を壊滅せよ! 力技でしか裁けぬ悪を特命刑事が炙り出す! 超法規の隠密捜査! 犯罪ジャーナリストの野中順司が殺された。彼は二つの未解決事件を追っていた。一つは三人の元受刑者が相次いで殺された事件、もう一つは五件の貴金属強奪事件だ。元受刑者たちは出所後いずれも犯罪の片棒を担がされていたらしい。その黒幕に迫ったため野中は射殺されたのではないかと推理した特命捜査官・畔上拳に弔い捜査の極秘指令が下った!

一発の流れ弾が家族の幸せを奪った――正義の捜査に手段は選ばない! 罪無き市民を襲った銃弾。慟哭と憤怒の捜査が始まる! 新宿駅東口で特命刑事・畔上拳は狙撃された。発射された三発の弾丸は標的を逸れ、通行中の妊婦に命中してしまう。産まれるはずだった子供と妻を同時に喪った悲しみから、夫の森岡諒一に激しく恨まれる。不可抗力とはいえ、畔上には拭い去れぬ罪の意識が。故人の無念は晴らすと決意し、手段を選ばぬ捜査が始まった──怒濤の警察アクション小説!(徳間文庫刊「覆面刑事 流れ弾丸」改題)

「特命警部(実業之日本社文庫 )」の作品情報

レーベル
実業之日本社文庫
出版社
実業之日本社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 サスペンス 冒険小説・ハードボイルド
ページ数
304ページ (特命警部)
配信開始日
2017年3月10日 (特命警部)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad