電子書籍 「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ 実用

著: 牧村康正 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ あらすじ・内容

山口組最高幹部だった竹中武は、兄・竹中正久(山口組四代目組長)が殺された「山一抗争」の政治決着を嫌って山口組を離脱。山口組を誰より愛しながらも敵に回し、孤立無援で闘い、そしてついに敗れなかった。長いものに巻かれず、堅気を泣かさず、ただ己の信じた「筋(すじ)」にこだわり続けた。本書は「最後の任侠ヤクザ」とも言われる竹中武の生涯を、初公開となる本人の肉声ビデオと最新証言でたどった本格評伝である。

この作品を共有

「「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ」最新刊

山口組最高幹部だった竹中武は、兄・竹中正久(山口組四代目組長)が殺された「山一抗争」の政治決着を嫌って山口組を離脱。山口組を誰より愛しながらも敵に回し、孤立無援で闘い、そしてついに敗れなかった。長いものに巻かれず、堅気を泣かさず、ただ己の信じた「筋(すじ)」にこだわり続けた。本書は「最後の任侠ヤクザ」とも言われる竹中武の生涯を、初公開となる本人の肉声ビデオと最新証言でたどった本格評伝である。

「「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
328ページ (「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ)
配信開始日
2017年4月28日 (「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad