電子書籍 野望球団(グループ・ゼロ) マンガ

完結
作画: 影丸譲也  原作: 牛次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

野望球団 1 あらすじ・内容

大学野球伝統の稲応戦、複数のスカウトが視線を送るのは応仁大学のエース・柴崎順一郎。しかし、沢村栄治の再来と言われるその右腕を見つめていたのはスカウトたちだけではなかった。そこにいたのは「中央鉄道」のオーナー・岸田巌夫。レジャー産業で名を馳せた中央鉄道は、身売りに出された球団・ベアーズを買収し、球界への進出を図っていたのだった。フロント、監督、選手、スポーツマスコミ…様々な人物の思惑を呑みこみ、ここに「野球戦争」が勃発した!プロ野球を「球団経営」という視点から描いた異色作!!

この作品を共有
  

「野望球団(グループ・ゼロ)」最新刊

破竹の連勝を続け、遂には2位との差を10ゲーム以上も広げたベアーズ。独走態勢に入ったベアーズについて、巷の話題は既に次期監督人事に移っていた。現行の監督はフロント入りする手筈になっており、その後任として元パイレーツの藤崎の名前が挙がっていたのだ。しかし当の藤崎はそれを否定、真相は未だ藪の中である。ビジネスとしてのプロ野球を描いた異色作、ここに完結!!

「野望球団(グループ・ゼロ)」作品一覧

(5冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

大学野球伝統の稲応戦、複数のスカウトが視線を送るのは応仁大学のエース・柴崎順一郎。しかし、沢村栄治の再来と言われるその右腕を見つめていたのはスカウトたちだけではなかった。そこにいたのは「中央鉄道」のオーナー・岸田巌夫。レジャー産業で名を馳せた中央鉄道は、身売りに出された球団・ベアーズを買収し、球界への進出を図っていたのだった。フロント、監督、選手、スポーツマスコミ…様々な人物の思惑を呑みこみ、ここに「野球戦争」が勃発した!プロ野球を「球団経営」という視点から描いた異色作!!

成績不振の責任を問われ、監督を更迭されたミスターパイレーツ・藤崎。更迭劇の真相を巡り紛糾した記者会見を終え、「常勝パイレーツ」を再び甦らせるべく人事策を練る社長の間垣と、パイレーツ黄金期の監督・水上。二人が期待するのは世界のホームラン王・東の監督就任だったが、東が監督に就くためにはまだ時間が必要だった。そこで二人が画策したのはある男の「リリーフ」。その男とは…?

大学野球のスター、柴崎との交渉権をドラフトで獲得した中鉄ベアーズ。しかし柴崎はパイレーツ以外の球団に指名された場合は海外への野球留学も辞さない、と強気の構えを見せていた。そこでベアーズが取った手段は、工務店を営む柴崎の父親の籠絡。中央鉄道の行う住宅開発に、父親の会社を噛ませる、という手土産を持参したのだ。その結果、父親は柴崎にベアーズ入団を勧め出すのだが柴崎の意志は堅く…。

「野望球団(グループ・ゼロ)」の作品情報

レーベル
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 完結 男性向け 青年マンガ スポーツ
ページ数
212ページ (野望球団 1)
配信開始日
2017年5月12日 (野望球団 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad