電子書籍 スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか? 実用

著: ブライアン デンソン  訳者: 国弘喜美代 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか? あらすじ・内容

CIAの要職にあったジム・ニコルソンはなぜロシアに寝返ったのか? 逮捕後、いかにして息子ネイサンを抱き込み、売国行為を再開したのか? 全米を震撼させた親子の半生を丹念に追うことで米ロ諜報戦の実態を浮かび上がらせる、犯罪ノンフィクションの力作

この作品を共有

「スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか?」最新刊

CIAの要職にあったジム・ニコルソンはなぜロシアに寝返ったのか? 逮捕後、いかにして息子ネイサンを抱き込み、売国行為を再開したのか? 全米を震撼させた親子の半生を丹念に追うことで米ロ諜報戦の実態を浮かび上がらせる、犯罪ノンフィクションの力作

「スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか?」の作品情報

レーベル
――
出版社
早川書房
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
491ページ (スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか?)
配信開始日
2017年5月15日 (スパイの血脈──父子はなぜアメリカを売ったのか?)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad