電子書籍 yom yom 実用

著: 橘蓮二  著: 秋ひのこ  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

44ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

yom yom vol.67(2021年4月号)[雑誌] あらすじ・内容

yom yomは、あらゆるジャンルの注目作品をお届けするクロスオーバー文芸誌(毎奇数月第 3 金曜に電子書籍で配信)。小説、コミック、詩歌に加え、最新カルチャーや国内外の社会情勢、思想・哲学の関連記事も満載です。vol.67(2021年4月号)は武田綾乃「君と漕ぐ4」、荻上チキ「ポリアモリー・レポート」、トミヤマユキコ「『フィール・ヤング』と女の欲望」など。連続企画「演芸写真家 橘蓮二セレクション/次世代の新星たち」、特別短編・秋ひのこ。――電子書籍版最終号。

目次

演芸写真家 橘蓮二セレクション 次世代の新星たち(春風亭昇々/柳家やなぎ/春風亭正太郎)
でも、人が死んだ/秋ひのこ
森森花畑ぼく森森海/森森花畑ぼく森森海 雷雷雷/最果タヒ
覇王の譜/橋本長道
我とひとしき人しなければ/小佐野彈
手の中の未来/加藤千恵
愛するということは/中江有里
眠らぬ王 極夜・第二部/馳星周
君と漕ぐ4/武田綾乃
探偵AI3 四元館の殺人/早坂吝
今夜すきやきだよ/谷口菜津子
脳出血で倒れたひきこもりの弟が憎いのか愛しいのかわかりません!/長谷川純子
届かない手紙を書きたい/南沙良
ポリアモリー・レポート 複数愛のリアル/荻上チキ
友達なんて100人もいらない/長井短
モテる技術(仮)/カレー沢薫
『FEEL YOUNG』と女の欲望 ――安野モヨコ『ハッピー・マニア』『後ハッピーマニア』をめぐって[境界線に置くことば]/トミヤマユキコ
結婚というタフなビジネス/北村紗衣
アップデートされていく言葉たち[世界のαに関するカルチャー時評]/サンキュータツオ
海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて/今祥枝
一般男性とよばれた男/清田隆之
“無視”されてきた男性不妊/武田鼎
知のバトン 哲学者が考え、引き継いできたもの/平原卓
パルコにお店を出したくて/渋谷直角
たそがれドリンカーズ/パリッコ
yom yomのこと[午前一時のノスタルジア]/押見修造

執筆者紹介/編集後記


本号休載「ぬくとう君は主夫の人」(磯谷友紀氏)の続きは、
「くらげバンチ」(https://kuragebunch.com/)にて掲載されます。

この作品を共有

「yom yom」作品一覧

(24冊)

各770(税込)

まとめてカート

yom yomは、あらゆるジャンルの注目作品をお届けするクロスオーバー文芸誌(毎奇数月第 3 金曜に電子書籍で配信)。小説、コミック、詩歌に加え、最新カルチャーや国内外の社会情勢、思想・哲学の関連記事も満載です。vol.64(2020年10月号)は新連載に馳星周「眠らぬ王 極夜・第二部」ほか、スペシャルトーク「ハマ・オカモト×橋爪駿輝」、女優・南沙良×イラストレーター・ごめんのコラボ企画「頭の中の女の子たち」、シリーズ「コロナ禍での思考」など。

目次

眠らぬ王 極夜・第二部/馳星周
探偵AI3 四元館の殺人/早坂吝
脳出血で倒れたひきこもりの弟が憎いのか愛しいのかわかりません!/長谷川純子
[特別対談]長く続けるために、好きなことをやる/ハマ・オカモト×橋爪駿輝
演芸写真家 橘蓮二セレクション 次世代の新星たち(昔昔亭A太郎/瀧川鯉八/桂伸衛門)
頭の中の女の子たち/南沙良×ごめん
幸福な母親/伊藤朱里
森森花畑ぼく森森海/森森花畑ぼく森森海 雷雷雷/最果タヒ
我とひとしき人しなければ/小佐野彈
わたし、定時で帰ります。 ライジング/朱野帰子
愛するということは/中江有里
手の中の未来/加藤千恵
これはただの夏/燃え殻
ぬくとう君は主夫の人/磯谷友紀
今夜すきやきだよ/谷口菜津子
ドキュメント国連/丸山ゴンザレス
香港メディアのシンボル ジミー・ライ逮捕の衝撃/福島香織
胃が合うふたり/新井見枝香×千早茜
届かない手紙を書きたい/南沙良
不夜城を照らす静かな光/村上貴史
計算と生命のあいだ/森田真生
不要不急のエンタメ相場 配信落語会顛末記[世界のαに関するカルチャー時評]/サンキュータツオ
夜の街に立つ、百人百様の素顔[トレンドを、読む読む。]/手塚マキ
横飛び族、あらわる[境界線に置くことば]/秋ひのこ
ビニールカーテンは酒のツマミになるか[午前一時のノスタルジア]/田中開
海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて/今祥枝
結婚というタフなビジネス/北村紗衣
一般男性とよばれた男/清田隆之
モテる技術(仮)/カレー沢薫
友達なんて100人もいらない/長井短
たそがれドリンカーズ/パリッコ
知のバトン 哲学者が考え、引き継いできたもの/平原卓

執筆者紹介/編集後記


「覇王の譜」(橋本長道)、
「そして、僕たちは舞台に立っている」、
「パルコにお店を出したくて」(渋谷直角)、
「多摩川異聞録」(恒川光太郎)は本号休載です

yom yom の願いは、忘れられない言葉に出会うこと。ジャンルの垣根にとらわれず、新人作家とベテラン作家の垣根を問わず、探しているのは胸を揺さぶる物語との出会いです。あらゆるエンターテインメントを自由に楽しむ文芸総合誌を、毎奇数月第3金曜に電子書籍で配信。vol.63(2020年8月号)の新連載は丸山ゴンザレス「ドキュメント国連」。期待の若手噺家を演芸写真家・橘蓮二が撮りかつ語る「次世代の新星たち」、平野良「そして、僕たちは舞台に立っている。」、スペシャルトーク「YOASOBI×橋爪駿輝」「ドリアン助川×ドミニク・チェン」ほかノンフィクション・詩・小説・コミックさらに充実!

目次

ドキュメント国連/丸山ゴンザレス
[特別対談]僕たちの音楽の答えは小説の中にある/YOASOBI×橋爪駿輝
演芸写真家 橘蓮二セレクション 次世代の新星たち(昔昔亭昇/春風亭一花/立川志の春)
そして、僕たちは舞台に立っている。/平野良インタビュー
[特別対談]まだ見ぬ地平と大いなる共感/ドリアン助川×ドミニク・チェン
三和音/十市 社
森森花畑ぼく森森海/森森花畑ぼく森森海 雷雷雷/最果タヒ
わたし、定時で帰ります。 ライジング/朱野帰子
手の中の未来/加藤千恵
愛するということは/中江有里
我とひとしき人しなければ/小佐野 彈
これはただの夏/燃え殻
ヤマワラウ/成田名璃子
アブソルート・コールド/結城充考  
今夜すきやきだよ/谷口菜津子
ぬくとう君は主夫の人/磯谷友紀
トレンドを、読む読む。[BLM運動が向き合う“自覚なきレイシズム”]/堂本かおる
胃が合うふたり/新井見枝香×千早 茜
届かない手紙を書きたい/南 沙良
友達なんて100人もいらない/長井 短
結婚というタフなビジネス/北村紗衣
境界線に置くことば[金学順さんの言葉、李容洙さんの言葉]/李 龍徳
午前一時のノスタルジア[ネット上の《内と外》で起こる共感と評価の断層]/笠井信輔
世界のαに関するカルチャー時評[呪術の世紀 パラノーマル・ネイチャー]/円城 塔
知のバトン 哲学者が考え、引き継いできたもの/平原 卓
海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて/今 祥枝
一般男性とよばれた男/清田隆之
モテる技術(仮)/カレー沢 薫
たそがれドリンカーズ/パリッコ
多摩川異聞録/恒川光太郎

執筆者紹介/編集後記


「パルコにお店を出したくて」(渋谷直角氏)、
「覇王の譜」(橋本長道氏)は本号休載です

yom yom の願いは、忘れられない言葉に出会うこと。ジャンルの垣根にとらわれず、新人作家とベテラン作家の垣根を問わず、探しているのは胸を揺さぶる物語との出会いです。あらゆるエンターテインメントを自由に楽しむ文芸総合誌を、毎奇数月第3金曜に電子書籍で配信。vol.62(2020年6月号)の新連載は朱野帰子「わたし、定時で帰ります。」シーズン3&加藤千恵“マッチングアプリ婚活小説”。北村紗衣の特別寄稿「結婚というタフなビジネス」ほかノンフィクション・詩・小説・コミックさらに充実!

目次

わたし、定時で帰ります。 ライジング/朱野帰子
手の中の未来/加藤千恵
君と漕ぐ3/武田綾乃
地中の星/門井慶喜
殺界団地/小林勇貴
我とひとしき人しなければ/小佐野 彈
森森花畑ぼく森森海/森森花畑ぼく森森海 雷雷雷/最果タヒ
これはただの夏/燃え殻
愛するということは/中江有里
覇王の譜/橋本長道
アブソルート・コールド/結城充考
ヤマワラウ/成田名璃子
今夜すきやきだよ/谷口菜津子
トレンドを、読む読む。[壁を取り払い、境界を引き直す「ゆるスポーツ」の可能性]/澤田智洋
胃が合うふたり/新井見枝香×千早 茜
[特別寄稿]結婚というタフなビジネス/北村紗衣
世界のαに関するカルチャー時評[ドラマ『フォロワーズ』とコモディティ化された女性の自立]/トミヤマユキコ
海外エンタメ考 意識高いとかじゃなくて/今 祥枝
午前一時のノスタルジア[乙女心]/なみちえ
届かない手紙を書きたい/南 沙良
友達なんて100人もいらない/長井 短
一般男性とよばれた男/清田隆之
境界線に置くことば[種を越境する人々]/濱野ちひろ
新型コロナウイルスを世界史の中で捉える/出口治明[特別寄稿]
モテる技術(仮)/カレー沢 薫
たそがれドリンカーズ/パリッコ
執筆者紹介/編集後記


「そして、僕たちは舞台に立っている。」、
「パルコにお店を出したくて」(渋谷直角氏)、
「知のバトン 哲学者が考え、引き継いできたもの」(平原 卓氏)、
「ぬくとう君は主夫の人」(磯谷友紀氏)、
「多摩川異聞録」(恒川光太郎氏)は本号休載です