電子書籍 平山許江ほんとうの知的教育 実用

著者: 平山許江 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幼児の「ことば」の力を育てる あらすじ・内容

知識を詰め込む「早期教育」も、「気ままに遊ばせておくだけの保育」も、どちらも正しい姿とは言えません。子どもが本来もっている知りたい・やりたいという意欲を引き出すためにはどうしたら良いのか? 幼児期にふさわしい「ことばの能力を育てる教育」を実践するための、「子どもの発達の読み取り」・「環境整備」・「子どもへの働きかけ」を具体的に紹介します。幼児一人ひとりがより良い人生を歩むことを願う保育者の必読書です。

この作品を共有

「平山許江ほんとうの知的教育」最新刊

以前の学説では、乳児はなにもできず、保育者に一方的に庇護される対象と考えられてきました。しかし最近の脳科学の発達で、人間には生まれ落ちたときから、すでに優れた知的な能力があることが明らかになりました。そうした能力を伸ばし、将来の学習意欲の基礎を培うために、保育者はどうかかわり、どんなあそびを提供すればよいかが、具体的にわかります。

「平山許江ほんとうの知的教育」作品一覧

(4冊)

各960円 (+税)

まとめてカート

知識を詰め込む「早期教育」も、「気ままに遊ばせておくだけの保育」も、どちらも正しい姿とは言えません。子どもが本来もっている知りたい・やりたいという意欲を引き出すためにはどうしたら良いのか? 幼児期にふさわしい「ことばの能力を育てる教育」を実践するための、「子どもの発達の読み取り」・「環境整備」・「子どもへの働きかけ」を具体的に紹介します。幼児一人ひとりがより良い人生を歩むことを願う保育者の必読書です。

知識を詰め込む「早期教育」も、「気ままに遊ばせておくだけの保育」も、どちらも正しい姿とは言えません。子どもが本来もっている知りたい・やりたいという意欲を引き出すためにはどうしたら良いのか? 幼児期にふさわしい「幼児の数学的思考を育てる教育」を実践するための、「子どもの発達の読み取り」・「環境整備」・「子どもへの働きかけ」を具体的に紹介します。幼児一人ひとりがより良い人生を歩むことを願う保育者の必読書です。

知識を詰め込む「早期教育」も、「気ままに遊ばせておくだけの保育」も、どちらも正しい姿とは言えません。子どもが本来もっている知りたい・やりたいという意欲を引き出し、伸ばすための環境はどうあるべきかを具体的に紹介します。幼児一人ひとりがより良い人生を歩むことを願う保育者の必読書です。

「平山許江ほんとうの知的教育」の作品情報

レーベル
――
出版社
世界文化社
ジャンル
実用 暮らし・健康・子育て
ページ数
178ページ (幼児の「ことば」の力を育てる)
配信開始日
2017年5月26日 (幼児の「ことば」の力を育てる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad