電子書籍 ぷろぼの(文春e-book) 文芸・小説

著: 楡周平 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぷろぼの あらすじ・内容

業界大手のパシフィック電器は、人事部労務担当部長の江間を中心に大規模なリストラを進めていた。
実務を担う大岡の担当リストラ対象社員が、ある日首吊り自殺をしてしまう。
大岡は心身ともに疲弊しきって、三国が代表を務めるNPOで「プロボノ」として社会貢献活動をすることに救いを求める。
ひょんなことから三国に江間の社内での悪辣な行状を打ち明けたところ、義憤にかられた三国は、江間を「嵌める」べく罠をしかける……。

「ぷろぼの」とは、「公共の利益のために(pro bono publico プロボノ プーブリコ)」という意味のラテン語。
大企業のえげつないリストラと、それに立ち向かうNPOのボランティアたちを、軽妙かつコミカルに活写する。

この作品を共有

「ぷろぼの(文春e-book)」最新刊

業界大手のパシフィック電器は、人事部労務担当部長の江間を中心に大規模なリストラを進めていた。
実務を担う大岡の担当リストラ対象社員が、ある日首吊り自殺をしてしまう。
大岡は心身ともに疲弊しきって、三国が代表を務めるNPOで「プロボノ」として社会貢献活動をすることに救いを求める。
ひょんなことから三国に江間の社内での悪辣な行状を打ち明けたところ、義憤にかられた三国は、江間を「嵌める」べく罠をしかける……。

「ぷろぼの」とは、「公共の利益のために(pro bono publico プロボノ プーブリコ)」という意味のラテン語。
大企業のえげつないリストラと、それに立ち向かうNPOのボランティアたちを、軽妙かつコミカルに活写する。

「ぷろぼの(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
405ページ (ぷろぼの)
配信開始日
2017年5月19日 (ぷろぼの)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad