電子書籍 勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ 実用

著者: 高山幸信 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ あらすじ・内容

卓球のダブルスのテクニック・戦術に特化したコツを紹介。リオ五輪の団体戦でも注目されたダブルスに焦点をあてた1冊。

卓球のダブルスのテクニック・戦術に特化したコツを紹介。リオ五輪の団体戦でも注目されたダブルスに焦点をあてた1冊。 五輪代表を育てた指導者が教える、「勝てる」連係の秘訣! ペアの組み方からトレーニングまで徹底解説 !

◎ ポジショニング 互いの力を120%引き出す
◎ サービス & レシーブ 駆け引きが勝負を決める !
◎ 三・四球目 厚い攻撃パターンで柔軟に攻める !

1 + 1 = 2 ではないのがダブルスの魅力 ―。

☆ ★ ☆ はじめに ☆ ★ ☆

卓球の団体戦は、第一試合と第二試合がシングルス、第三試合がダブルス、第四・五試合がシングルスという、いわゆる「4単1複」の形式で行われるケースが多くあります。勝利をつかむうえでは「ダブルスでポイントを勝ち取ること」が、各試合の中でもチームにとって非常に大きな意味があると考えています。勝負の分かれ目になるダブルスで勝てば、その瞬間、チームの勝利が決まったり、勝ちが決まらなくとも、チームが盛り上がり、勝利に向かって勢いをつけたりすることができるからです。
・・・ ・・・
シングルスでは勝てない相手でも、ダブルスでは勝てるチャンスが生まれる…。ダブルスはやればやるほど面白く、そして選手の可能性を広げてくれる魅力ある種目だと思います。

本書ではダブルスとシングルスの違いや、サービスやレシーブなどのシングルスと共通する打法、ダブルスで重要視される3球目・4球目攻撃に至るまでを、分かりやすく解説しています。 さらに明治大学の卓球部で実際に行っているトレーニングも紹介しているので、練習メニューに取り入れてみてください。本書がダブルスで勝利を目指す選手たちにとって、役立つことを願っています。

明治大学卓球部監督 高山幸信 (たかやまゆきのぶ)

この作品を共有

「勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ」最新刊

卓球のダブルスのテクニック・戦術に特化したコツを紹介。リオ五輪の団体戦でも注目されたダブルスに焦点をあてた1冊。 五輪代表を育てた指導者が教える、「勝てる」連係の秘訣! ペアの組み方からトレーニングまで徹底解説 !

◎ ポジショニング 互いの力を120%引き出す
◎ サービス & レシーブ 駆け引きが勝負を決める !
◎ 三・四球目 厚い攻撃パターンで柔軟に攻める !

1 + 1 = 2 ではないのがダブルスの魅力 ―。

☆ ★ ☆ はじめに ☆ ★ ☆

卓球の団体戦は、第一試合と第二試合がシングルス、第三試合がダブルス、第四・五試合がシングルスという、いわゆる「4単1複」の形式で行われるケースが多くあります。勝利をつかむうえでは「ダブルスでポイントを勝ち取ること」が、各試合の中でもチームにとって非常に大きな意味があると考えています。勝負の分かれ目になるダブルスで勝てば、その瞬間、チームの勝利が決まったり、勝ちが決まらなくとも、チームが盛り上がり、勝利に向かって勢いをつけたりすることができるからです。
・・・ ・・・
シングルスでは勝てない相手でも、ダブルスでは勝てるチャンスが生まれる…。ダブルスはやればやるほど面白く、そして選手の可能性を広げてくれる魅力ある種目だと思います。

本書ではダブルスとシングルスの違いや、サービスやレシーブなどのシングルスと共通する打法、ダブルスで重要視される3球目・4球目攻撃に至るまでを、分かりやすく解説しています。 さらに明治大学の卓球部で実際に行っているトレーニングも紹介しているので、練習メニューに取り入れてみてください。本書がダブルスで勝利を目指す選手たちにとって、役立つことを願っています。

明治大学卓球部監督 高山幸信 (たかやまゆきのぶ)

「勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
130ページ (勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ)
配信開始日
2017年5月20日 (勝つ!卓球 ダブルス上達 60のコツ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad