電子書籍 家康の遠き道 文芸・小説

著: 岩井三四二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

家康の遠き道 あらすじ・内容

家康は悩んでいた――手に入れた天下を死後もどう無事に守り、保ちつづけるのか。信長、秀吉の哀れな最期は、家康も間近で見てきた。天下は、隙あらば逃げだそうとしている悍馬なのである。自分が死んだら、残る子供たちだけで幕府を支えていけるだろうか。なんとも頼りなく思えて仕方がないのだが……。戦国を勝ち抜いた〈怪物〉が辿り着いたこたえとは? 赤裸々に戦国武将の心を暴き、読者を惹きつける人気作家の最新作!

この作品を共有

「家康の遠き道」最新刊

家康は悩んでいた――手に入れた天下を死後もどう無事に守り、保ちつづけるのか。信長、秀吉の哀れな最期は、家康も間近で見てきた。天下は、隙あらば逃げだそうとしている悍馬なのである。自分が死んだら、残る子供たちだけで幕府を支えていけるだろうか。なんとも頼りなく思えて仕方がないのだが……。戦国を勝ち抜いた〈怪物〉が辿り着いたこたえとは? 赤裸々に戦国武将の心を暴き、読者を惹きつける人気作家の最新作!

「家康の遠き道」の作品情報

レーベル
――
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
450ページ (家康の遠き道)
配信開始日
2017年5月26日 (家康の遠き道)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad