電子書籍 御庭番の二代目(二見時代小説文庫) 文芸・小説

著: 氷月葵 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

将軍の跡継ぎ 御庭番の二代目1 あらすじ・内容

世継ぎの家重を護れ!

宮地家二代目「加門」に将軍吉宗から直命下る。
側室が懐妊したばかりの、家重の病は果たして偶然か。
加門の幼馴染み、十八歳の田沼意次は、家重の小姓。加門と意次は合力して闘う。

享保元年(一七一六)、吉宗は跡継ぎのいなかった家継の養子となり、将軍を継いだ。紀州藩主であった吉宗は、紀州から多くの家臣を伴って江戸城に入った。そのなかに、宮地家も含まれていた。紀州から連れて来た薬込役(くすりごめやく)十七家を御広敷伊賀者(おひろしきいがもの)として置いたのである。江戸城に入ったとき、宮地友右衛門は二十五歳、三年後に二代目となる加門が生まれている。

十八歳の若きヒーロー! 新シリーズ第1弾

この作品を共有

「御庭番の二代目(二見時代小説文庫)」最新刊

酒井老中の飛駕籠に、郡上の百姓衆が直訴!
訴えの核心と狙いは?

徳川の直領美濃の郡代が、郡上藩の徴税法に口出し! 背後に公儀重臣らと組んだ藩主金森兵部の悪しき企み。
将軍家重の怒りが弾けて…。郡上へ遠国御用の旅、第10弾!

老中の駕籠行列は、登城の際、走るのが慣例だ。事件が起きたときだけ走れば、人々に異変を知られる。いつも走っていれば、気づかれようがない。そのために走ることが定着し、飛駕籠と呼ばれる。その飛駕籠に六人の百姓衆が駆け込んで直訴した。郡上藩からの者であった。御庭番の加門がそれを目撃していた。加門は本丸中奥の将軍家重の御用取次・田沼意次の部屋を訪ねた。

「御庭番の二代目(二見時代小説文庫)」作品一覧

(10冊)

各770(税込)

まとめてカート

世継ぎの家重を護れ!

宮地家二代目「加門」に将軍吉宗から直命下る。
側室が懐妊したばかりの、家重の病は果たして偶然か。
加門の幼馴染み、十八歳の田沼意次は、家重の小姓。加門と意次は合力して闘う。

享保元年(一七一六)、吉宗は跡継ぎのいなかった家継の養子となり、将軍を継いだ。紀州藩主であった吉宗は、紀州から多くの家臣を伴って江戸城に入った。そのなかに、宮地家も含まれていた。紀州から連れて来た薬込役(くすりごめやく)十七家を御広敷伊賀者(おひろしきいがもの)として置いたのである。江戸城に入ったとき、宮地友右衛門は二十五歳、三年後に二代目となる加門が生まれている。

十八歳の若きヒーロー! 新シリーズ第1弾

将軍の政に異を唱える尾張藩主・徳川宗春。その真意を探るべく…。

御庭番二代目の加門に将軍後継家重から下命。
宗春の禁書『温知政要』を精査せよ。

加門は、家重の小姓で親友の田沼意次と合力して闘う。
将軍直属十七家の密偵、シリーズ第2弾

八代将軍吉宗は紀州から江戸城に入るに際し、信頼に足る薬込役十七家を伴い、情報収集の「御庭番」として重用した。十七家の一つ「宮地家」の二代目加門は十八歳で見習いとして出仕している。折しも加門は、吉宗の後継家重の小姓で幼馴染みの田沼意次から、家重の命を伝えられた。将軍の政に異を唱える尾張藩主・徳川宗春の著書『温知政要』を入手・精査し、尾張藩の内情を探れというのである。

路上で浪人が斬られ、懐には血塗れの「目安」。将軍への訴えとは…?

医学所に通う若き御庭番に、八代将軍吉宗から直命!
米価高騰に絡む諸悪を暴け。
世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と合力して探索!

宮地加門は、八代将軍吉宗直属の御庭番十七家のひとつ宮地家の二代目。将軍家世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と町を歩いていた。二人の目の前で、追われてきた浪人が追ってきた男に斬りつけられ倒れた。斬った男は逃げたが、加門らは、血で染まった男を助けて近くの医学所へ。瀕死の男の懐には、将軍への訴えを記した、血塗れの“目安”が……。

「御庭番の二代目(二見時代小説文庫)」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
261ページ (将軍の跡継ぎ 御庭番の二代目1)
配信開始日
2017年6月1日 (将軍の跡継ぎ 御庭番の二代目1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad