電子書籍 荒野(文春文庫) 文芸・小説

著: 桜庭一樹 
みんなの★
★ ★ ★ ☆ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

荒野 あらすじ・内容

山野内荒野、14歳。
まだ、恋はしてない。
……たぶん。

鎌倉で小説家の父と暮らす少女・荒野。「好き」ってどういうことか、まだよくわからない。でも、中学入学の日、電車内で見知らぬ少年に窮地を救われたことをきっかけに、彼女に少しずつ変化が起き始める。少女から、大人へ――荒野の4年間を瑞々しく描き出した、たまらなくいとおしい恋愛“以前”小説。全1冊の合本・新装版。

カバーイラスト:岸田メル

この作品を共有

「荒野(文春文庫)」最新刊

山野内荒野、14歳。
まだ、恋はしてない。
……たぶん。

鎌倉で小説家の父と暮らす少女・荒野。「好き」ってどういうことか、まだよくわからない。でも、中学入学の日、電車内で見知らぬ少年に窮地を救われたことをきっかけに、彼女に少しずつ変化が起き始める。少女から、大人へ――荒野の4年間を瑞々しく描き出した、たまらなくいとおしい恋愛“以前”小説。全1冊の合本・新装版。

カバーイラスト:岸田メル

「荒野(文春文庫)」のおすすめコメント

荒野 SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2017/05/31

ランドセルから制服へ。期待に胸ふくらむ少女の成長期

つい最近までランドセルを背負っていた少女が中学生になり、 制服に身をつつみ、“女”としての自分や異性を意識し始める。 “恋ってなんだかわからない。まだ、大人になりたくない。” そんな少女の思いとは裏腹に身体は大人に近づき、 (胸が成長しすぎてよく転ぶとか羨ましい…。) ただのクラスメイトがいつの間にか異性となり告白してくる。 “大人でも子どもでもない。” 危うさや潔癖さ少女特有の感性、そんな儚い瞬間の巧みな表現は桜庭一樹ならでは。 キラキラという言葉がぴったりの少女時代から、 女として感性が磨かれていく成長過程には息をのむ美しさがある。 この少女の視点から見る世界はとても眩しくて、何度も読み返したくなります。

「荒野(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
575ページ (荒野)
配信開始日
2017年5月26日 (荒野)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad